2019年6月1日土曜日

履歴書(CV)

プロフィール

中央大学 国際情報学部 国際情報学科 教授
HCD-Net認定 人間中心設計専門家
博士(工学)(大阪大学),技術士(情報工学部門)
特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構(HCD-Net) 理事
一般社団法人 ことばのまなび工房 理事

1970年,岐阜市に生まれ,小学校から高校まで長野で山に囲まれて育つ.1988年,長野県長野高校卒業後,東京大学入学のため上京.1994年,東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻修士課程修了.同年(株)三菱総合研究所入社.2009年から東京農工大学国際センターの客員准教授を兼務.三菱総合研究所情報技術研究センター主席研究員を経て,2013年,中央大学文学部社会情報学専攻,准教授,兼,理工学研究所,社会科学研究所,研究員.2014年,同学部教授,2019年より,現職.2020年,中央大学AI・データサイエンスセンター,所員.2021年,中央大学人文科学研究所,研究員.人間とシステムのインタラクション,人間とITの関わり方について,強い興味を示す.専門は,ユーザインタフェース,オープンソースソフトウェア,IT人材育成,データ解析等.ミステリとバーボンをこよなく愛する研究者.


著書

  1. 飯尾淳, オンライン化する大学 コロナ禍での教育実践と考察, 樹村房, 2021年発行[予定]
  2. 飯尾淳, 世界一やさしい 統計学の教科書 1年生, ソーテック社, 2021年6月19日発行
  3. 飯尾淳, 最短距離でしっかり身に付く!Webアプリケーション開発の教科書 ~Ruby on Railsで作る本格Webアプリ~, 技術評論社, 2021年4月15日発行
  4. 飯尾淳, 情報を集める技術・伝える技術 情報社会の一員として備えておくべき基礎知識, 近代科学社Digital, 2019年9月6日発行
  5. 飯尾淳 編著, 中川正樹 監修, 演習と実例で学ぶ プロジェクトマネジメント入門 第2版 日本語版PMBOK Ver4対応版, ソフトバンク クリエイティブ, 2012年2月25日発行
  6. 飯尾淳, C言語によるスーパーLinuxプログラミング Cライブラリの活用と実装・開発テクニック, ソフトバンク クリエイティブ, 2011年6月8日発行
  7. 飯尾淳 編著, 中川正樹 監修, 演習と実例で学ぶ プロジェクトマネジメント入門, ソフトバンク クリエイティブ, 2009年8月26日発行
  8. 飯尾淳, リブレソフトウェアの利用と開発 〜IT技術者のためのオープンソース活用ガイド〜, ソフト・リサーチ・センター, 2004年4月25日発行
  9. 飯尾淳, Linuxによる画像処理プログラミング, オーム社, 2000年4月1日発行


原著論文

  1. 飯尾淳, "学生が考える良いUXと悪いUX," 人間中心設計, Vol. 17, No. 1, pp. YY-ZZ, (2021.W).[To Appear].
  2. 飯尾淳, 若林茂則, 櫻井淳二, 石川茂, 木嶋勇一, "異文化交流教育に向けたプラットフォームの提供と実践事例," 情報処理学会論文誌トランザクション デジタルプラクティス, Vol. 2, No. 3, pp. 58-67, (2021.7).
  3. J. Iio and S. Wakabayashi, "Dialogbook: A Proposal for Simple e-Portfolio System for International Communication Learning," International Journal of Web Information Systems, Vol. 16, Issue. 5, pp. 611-622, (2020.10).
  4. J. Iio, "TWtrends ― A Visualization System on Topic Maps Extracted from Twitter Trends," IADIS International Journal on WWW/Internet, Vol. 17, No. 2, pp. 104-118, (2019.12).
  5. J. Iio, "Attendance Management System using Selfies and Signatures," International Journal of Grid and Utility Computing, Vol. 9, No. 2, pp. 206-210, (2018.7).
  6. T. Lee, J. Iio, and C. Ogawa, "MAD4SA: A Prototype of Document Management System for Small-scale Archives," International Journal of Space-Based and Situated Computing, Vol. 6, No. 2, pp. 102-112, (2016.7).
  7. 山崎久道, 小川千代子, 飯尾淳, 李東真, "研究開発における文書・記録の管理にかかわる調査と提言-研究者が誠実な科学者であるために-," レコードマネジメント, No. 70, pp. 57-74, (2016.3).
  8. S. Iizuka, J. Iio, and H. Matsubara, "Reviewing the Role of the Science Fiction Special Interest Group via User Interfaces: the Case of Science Fiction Movies," Industrial Applications of Affective Engineering, J. Watada, H. Shiizuka, K-P. Lee, T. Otani, and C-P.Lim, (Eds.). pp. 233-240, (2014.4).
  9. 飯尾淳, 飯塚重善, 松原幸行, "SF映画に学ぶ近未来ユーザインタフェースのあり方," 人間中心設計, Vol. 8・9, No. 1(合併号), pp. 11-18, (2013.12).
  10. 飯尾淳, 鵜戸口志郎, 小山欣泰, 長谷川祐子, "ダイエットの成否に関する行動ログ分析 (推薦論文)," 情報処理学会論文誌, Vol. 53, No. 11, pp. 2624-2634, (2012.11).
  11. 飯尾淳, 吉田圭吾, 小池亜弥, 清水浩行, 白井康之, 桑山晃一, 栗山桂一, 小浪宏信, 高山隼佑, "属性付き位置情報ログが示す行動特性と消費傾向の関係 (推薦論文)," 情報処理学会論文誌, Vol. 52, No. 7, pp. 2256-2267, (2011.7).
  12. 飯尾淳, 清水浩行, "業務システムのユーザビリティに対する評価改善手法," 三菱総合研究所所報 [研究論文], No. 50, pp. 30-53, (2008.12).
  13. 飯尾淳, 井上健司, 新井健生, "レーザポインタによる3次元情報入力装置の開発とそのユーザビリティ評価," ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol. 9, No. 3, pp. 313-324, (2007.8). [論文賞]
  14. 飯尾淳, 新井健生, "頭部位置計測による3次元モデル表示系のユーザビリティ評価," ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol. 8, No. 3, pp. 445-453, (2006.8).
  15. H. Shimizu, J. Iio, and K. Hiyane, "Realities of Free/Libre/Open Source Software Developers in Japan and Asia," First Monday, Vol. 9, No. 11, (2004.11).
  16. 渡部信一, 熊井正之, 曽根秀昭, 比屋根一雄, 飯尾淳, 菅井邦明, "ネットワークを利用した不登校児・障害児支援システムの開発," 日本教育工学会論文誌, Vol. 26, No. 1, pp. 11-20, (2002.6).
  17. 山崎元也, 本郷廷悦, 今村博, 比屋根一雄, 飯尾淳, 谷田部智之, 加賀屋誠一, "デジタル地形データと遺伝的アルゴリズムによる最適縦断設計の基礎的研究," 土木計画学研究・論文集, Vol. 18, No. 1, pp. 139-148, (2001.8).


研究報告・Technical Report・紀要

  1. 飯尾淳, "オンライン・バーチャルイベント支援システムの開発と運用," 国際情報学研究, No. 1, pp. 1-20, (2021.3).
  2. 飯尾淳, "ユーザー・エクスペリエンス・デザインの課題," 人間中心設計, Vol. 16, No. 1, pp. 1-5, (2021.3).
  3. 飯尾淳, "Twitterトレンドの地域差," 中央大学社会科学研究所年報, No. 24, pp. 41-54, (2020.9).
  4. 李東真, 飯尾淳, "動画部分検索システムELVIDSの活用に関する考察と今後の課題," 中央大学文学部 紀要 社会学・社会情報学, No. 30, pp. 57-61, (2020.2).
  5. 上林昭, 相澤奈保子, 飯尾淳, 五十嵐亜季, 石山泰弘, 大﨑理乃, 佐藤紀子, 鈴村昌司, 高生加英樹, 富崎止, 和井田理科, "HCD普及・啓発活動実践者のためのHCD入門講座雛形(第2報) ― エンジニア向け正式版・お客様と接する人向けβ版作成活動の報告 ―," 人間中心設計, Vol. 15, No. 1, pp. 9-14, (2019.5).
  6. 飯尾淳, "上手な読書感想文の特徴とはなにか ― 八王子市読書感想文コンクール応募作品の分析から ―," 中央大学文学部 紀要 社会学・社会情報学, No. 29, pp. 1-9, (2019.2).
  7. 飯尾淳, "日本におけるFLOSS歴史研究のための資料について," 中央大学社会科学研究所編「情報化社会 その成長の記録」, 中央大学社会科学研究所研究報告 No. 28, pp. 41-54, (2019.1).
  8. 飯尾淳, "「情報化社会 その成長の記録」プロジェクトの概要," 中央大学社会科学研究所編「情報化社会 その成長の記録」, 中央大学社会科学研究所研究報告 No. 28, pp. 1-19, (2019.1).
  9. 和井田理科, 相澤奈保子, 飯尾淳, 五十嵐亜季, 石山泰弘, 上林昭, 佐藤紀子, 鈴村昌司, 高生加英樹, 富崎止, "HCD普及・啓発活動実践者のためのHCD入門講座雛形 ーβ版作成活動の報告ー," 人間中心設計, Vol. 14, No. 1, pp. 24-28, (2018.6).
  10. 李東真, 飯尾淳, "ELVIDS開発におけるオープンソースソフトウェアの適切な使用,利用のための著作権,およびソフトウェアライセンスの再確認," 中央大学文学部 紀要 社会学・社会情報学, No. 28, pp. 41-50, (2018.3).
  11. 安浩子, 佐藤紀子, 西部渉, 小山文子, 飯尾淳, 和井田理科, "組織にHCDを浸透させるための教育的枠組み — 教育対象別アクションプランの評価と提案 —," 人間中心設計, Vol. 13, No. 1, pp. 19-24, (2017.5).
  12. 飯尾淳, "スマートデバイスを用いた出席管理システムの利用に対する学生の意識調査," 中央大学文学部 紀要 社会学・社会情報学, No. 27, pp. 13-28, (2017.3).
  13. 飯尾淳, "日本におけるFLOSS史の記録," 中央大学社会科学研究所年報, No. 20, pp. 33-42, (2016.9).
  14. 安浩子, 日野隆史, 堀口麻奈, 源賢司, 森山明宏, 飯尾淳, "組織にHCDを浸透させるための教育的枠組み — 事例にもとづいた検討の報告 —," 人間中心設計, Vol. 12, No. 1, pp. 13-19, (2016.5).
  15. 飯尾淳, "IT技術勉強会の傾向分析," 中央大学文学部 紀要 社会学・社会情報学, No. 25, pp. 59-71, (2015.3).
  16. 飯尾淳, "IT技術者の自己研鑚に関する考察," 中央大学文学部 紀要 社会学・社会情報学, No. 24, pp. 69-81, (2014.3).
  17. 仙頭洋一, 清雄一, 清水浩行, 大橋毅夫, 飯尾淳, "顧客起点の調査業務・コンサルティング業務に役立つユーザビリティテスト手法の検討," 三菱総合研究所所報 [研究ノート], No. 56, pp. 134-144, (2013.1).
  18. J. Iio, H. Shimizu, K. Kobayashi, and T. Ogawa, "ODPG: A Grass Roots Approach for the Introduction of Open-Source Productivity Suites," Journal of Economics, Memoirs of the Faculty of Law and Literature, Shimane University, No. 39 Special Issue, Open Source Technology in the Public and Private Sector, pp. 51-58, (2011.12).
  19. 飯尾淳, "行動情報の集積に基づく新たな付加価値の創出," 三菱総合研究所所報 [プロジェクト・サマリー], No. 54, pp. 158-159, (2011.5).
  20. J. Iio, K. Matsuzaki, H. Shimizu, and Y. Shirai,"Practical IT Training Courses using Open-Source Software," Journal of Economics, Memoirs of the Faculty of Law and Literature, Shimane University, No. 37 Special Issue, Open Source Policy and Promotion of IT Industries in East Asia, pp. 37-42, (2010.11).
  21. 飯尾淳, 清水浩行, 谷田部智之, 比屋根一雄, "東アジアIT市場のオープンソースソフトウェアによる活性化," 三菱総合研究所所報 [研究ノート], No. 46, pp. 52-65, (2006.4).
  22. M. Maeda, T. Shimizu, J. Iio, H. Konaka, and Y. Ishikawa, "GLEANER Garbage Collection: An Extended Abstract," Technical Report TR-96016, RWCP, (1996.11).
  23. 藤田正幸, 松尾正浩, 木村数史, 新部裕, 清水友晴, 佐藤泰高, 飯尾淳, "インターネット情報発信技術の研究," 三菱総合研究所所報 [研究ノート], No. 29, pp. 180-205, (1996.3).


国際会議

  1. J. Iio, "EPOQAS: Development of an Event Program Organizer with a Question Answering System," The 10th Workshop on Web Services and Social Media (WSSM2020), (2021.9). [To Appear]
  2. J. Iio, A. Hasegawa, S. Iizuka, S. Hayakawa, K. Tsujioka, "Ethics in Human-Centered Design," In: Kurosu M. (eds) Human-Computer Interaction. Theory, Methods and Tools. HCII 2021. Lecture Notes in Computer Science, vol 12762. Springer, Cham. pp. 161-170, Online, (2021.7).
  3. J. Iio, T. Sashizawa, K. Kawamoto, and M. Higuchi, "The Differences in Information Transmission Efficiency - A Comparison of Analog and Digital Media," In: Ayaz H., Asgher U., Paletta L. (eds) Advances in Neuroergonomics and Cognitive Engineering. AHFE 2021. Lecture Notes in Networks and Systems, vol 259. Springer, Cham. pp. 361-368, Online, (2021.7).
  4. J. Iio, A. Osaki, and R. Waida, "Development and Promotion of Educational Materials on Human-Centered Design," The Thirteenth International Conference on Advances in Computer-Human Interactions (ACHI2020), pp. 447-451, Valencia, Spain & Online, (2020.11). [Best Paper Award]
  5. J. Iio and S. Wakabayashi, "Dialogbook: Simple e-Portfolio System for International Communication Learning," The 9th Workshop on Web Services and Social Media (WSSM2020), pp. 538-548, Victoria, Canada (canceled), (2020.9).
  6. J. Iio and R. Sugiyama, "Development of Visualization System to Analyze Student-Teacher Conversation," HCII 2020: The 7th Learning and Collaboration Technologies. Human and Technology Ecosystems, pp 45-58, Online, (2020.7).
  7. J. Iio, "What Are the Differences Between Good and Poor User Experience?" In: Czarnowski I., Howlett R., Jain L. (eds) Intelligent Decision Technologies. IDT 2020. Smart Innovation, Systems and Technologies, vol 193. Springer, Singapore, pp. 451-459, Online, (2020.6).
  8. J. Iio, "TWtrends: The Topic-Graph Extraction from Twitter Trends," The 18th International Conference on WWW/Internet (ICWI 2019), pp. 69-77, Cagliari, Italy, (2019.11).
  9. J. Iio, "Kawaii in Tweets: What Emotions Does the Word Describe in Social Media?" The 8th Workshop on Web Services and Social Media (WSSM2019), L. Barolli et al. (eds.), Advances in Networked-based Information Systems, The 22nd International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS-2019), pp. 715-721, Oita, Japan, (2019.9).
  10. J. Iio, "The Semiotics of Toilet Signs," The 21st International Conference on Human-Computer Interaction (HCII2019), pp. 285-294, Orlando, FL, USA, (2019.7).
  11. J. Iio and T. Okada, "An Experimental Trial of a Novel Ticketing System using Biometrics," The 10th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE2019), pp. 499-507, Washington D.C., USA, (2019.7).
  12. J. Iio, P. Stevie, Y. Aoki, E. Nakamura, S. Kim, and T. Lee, "Visualization of Twitter Trends using a Co-occurrence Network," The 12th IEEE Pacific Visualization Symposium (PacificVis2019) Poster Proceedings, pp. 321-322, Bangkok, Thailand, (2019.4).
  13. J. Iio, "Two-places "Soco": The Extended Version of the Anonymous Bulletin Board System with Location-based Access Control," The 17th International Conference on WWW/Internet (ICWI 2018), pp. 355-359, Budapest, Hungary, (2018.10).
  14. E. Nakamura and J. Iio, "Analysis of FLOSS Trend - From the Major Magazine in Japanese Developers -," The 17th International Conference on WWW/Internet (ICWI 2018), pp. 411-414, Budapest, Hungary, (2018.10).
  15. J. Iio, S. Asada, and M. Kai, "Anonymous Accessible Bulletin Board System with Location Based Access Control Mechanism," The 7th Workshop on Web Services and Social Media (WSSM2018), L. Barolli et al. (eds.), Advances in Network-based Information Systems, Lecture Notes on Data Engineering and Communications Technologies 22, pp. 913-921, Bratislava, Slovakia, (2018.9).
  16. T. Lee and J. Iio, "Newly-added Functions for Video Search System Prototype with a Three-Level Hierarchy Model," The 7th Workshop on Web Services and Social Media (WSSM2018), L. Barolli et al. (eds.), Advances in Network-based Information Systems, Lecture Notes on Data Engineering and Communications Technologies 22, pp. 922-928, Bratislava, Slovakia, (2018.9).
  17. J. Iio, "Lessons Learned from Data Preparation for Geographic Information Systems using Open Data," OpenSym2018, Proceedings of the 14th International Symposium on Open Collaboration, Article No. 1, Paris, France, (2018.8).
  18. J. Iio, K. Tsukakoshi, M. Hatta, and K. Kazaana, "How Did They Start Using OSS? ― Survey of OSS Developers in Japan," The 16th International Conference on WWW/Internet (ICWI 2017), pp. 120-126, Vilamoura, Portugal, (2017.10).
  19. J. Iio and T. Lee, "Text-based Video Scene Segmentation: A Novel Method to Determine Shot Boundaries," The 6th Workshop on Web Services and Social Media (WSSM2017), L. Barolli et al. (eds.), Advances in Network-based Information Systems, Lecture Notes on Data Engineering and Communications Technologies 7, pp. 1086-1095, Toronto, Canada, (2017.8).
  20. T. Lee and J. Iio, "ELVIDS: Video Search System Prototype with a Three-level Hierarchy Model," The 6th Workshop on Web Services and Social Media (WSSM2017), L. Barolli et al. (eds.), Advances in Network-based Information Systems, Lecture Notes on Data Engineering and Communications Technologies 7, pp. 1096-1104, Toronto, Canada, (2017.8).
  21. M. Kai, T. Tsukamoto, and J. Iio, "Comparison of Typing Efficiency between PC and Smartphone in the Case of Younger Generations," The 6th Workshop on Web Services and Social Media (WSSM2017), L. Barolli et al. (eds.), Advances in Network-based Information Systems, Lecture Notes on Data Engineering and Communications Technologies 7, pp. 1105-1116, Toronto, Canada, (2017.8).
  22. J. Iio, "Comparison of Japanese Text Input Efficiency between PC and Smartphone," Advances in Usability and User Experience, The 8th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE2017), pp. 532-537, Los Angeles, CA, USA, (2017.7).
  23. J. Iio, "Attendance Management System using a Mobile Device and a Web Application," The 5th Workshop on Web Services and Social Media (WSSM2016) in conjunction with the 19th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS2016), pp. 510-515, Ostrava, Czech Republic, (2016.9).
  24. T. Okada, J. Iio, Y. Kubota, and T. Yonekura, "An Intensive Analysis on the Usage Situation of the Mobile Services in Japanese High Schools: Why and How Are They Used?," The 5th Workshop on Web Services and Social Media (WSSM2016) in conjunction with the 19th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS2016), pp. 536-540, Ostrava, Czech Republic, (2016.9).
  25. J. Iio and S. Ohgama, "`Make It Possible' Study: Can LibreOffice and Apache OpenOffice Be Alternative to MS-Office from Consumer's Perspective?," The 2nd International Conference on Social, Education, and Management Engineering (SEME2016), Paper ID: S067, Bangkok, Thailand, (2016.3).
  26. T. Lee and J. Iio, "Document Management System Based on ISAD(G)," The 4th Workshop on Web Services and Social Media (WSSM2015) in conjunction with the 18th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS2015), pp. 685-689, Taipei, Taiwan, (2015.9).
  27. J. Iio, M. Hatta, and K. Kazaana, "The FLOSS History in Japan: An Ethnographic Approach," The International Symposium on Open Collaboration, OpenSym2015, San Francisco, CA, USA, (2015.8).
  28. J. Iio, "Is It Ethical to Give out Unreadable Information in Advertising?," Procedia Manufacturing, Vol. 3, pp. 4695-4699, The 6th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE2015), Las Vegas, NV, USA, (2015.7).
  29. J. Iio, "Near-future Design and Kansei," Japanese CHI Symposium 2, Asian CHI Symposia (ACHIS2015), p. 20, Seoul, Korea, (2015.4).
  30. J. Iio, "Technology Trends Indicated in “The IT Study Meeting Calendar”," The 3rd Workshop on Web Services and Social Media (WSSM2014) in conjunction with the 17th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS2014), pp. 590-595, Salerno, Italy, (2014.9).
  31. M. Wano and J. Iio, "Relationship between Reviews at App Store and the Categories for Software," The 3rd Workshop on Web Services and Social Media (WSSM2014) in conjunction with the 17th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS2014), pp. 580-583, Salerno, Italy, (2014.9).
  32. J. Iio, S. Iizuka, and H. Matsubara, "The Database on Near-future Technologies for User Interface Design from SciFi Movies," The 16th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII2014), pp. 572-579, Crete, Greece, (2014.6).
  33. J. Iio, "Effects of Side-channel Communication: Text-based Analyses of Chat Transcripts from a Case of Remote Education using a Tele-conference System and a Social Networking System," The 2nd Workshop of Web Services and Social Media (WSSM2013) in conjunction with the 16th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS2013), pp. 416-421, Gwangju, Korea, (2013.9).
  34. T. Okada, J. Iio, M. Nakada, Y. Obu, and T. Yonekura, "Consideration of IT which Solves an Agricultural Problem - Examination of the Solution of an Agricultural Problem which Utilized the Agricultural Support System -," The 2nd Workshop on Web Services and Social Media (WSSM2013) in conjunction with the 16th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS2013), pp. 439-443, Gwangju, Korea, (2013.9).
  35. J. Iio, "Basic Techniques in Text Mining using Open-source Tools," The 9th International Symposium on Open Collaboration (WikiSym + OpenSym 2013), ACM, Hong Kong, China, (2013.8).
  36. S. Iizuka, J. Iio, and H. Matsubara, "Reviewing the Role of the Science Fiction Special Interest Group in User Interfaces: Case of Science Fiction Movies," The 1st International Symposium on Affective Engineering 2013 (ISAE2013), pp. 281-284, Kitakyushu, Fukuoka, (2013.3).
  37. J. Iio, "Evaluating the Usefulness of Online Reviews," The 1st Workshop on Web Services and Social Media (WSSM2012) in conjunction with the 15th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS2012), pp. 855-860, Melbourne, Australia, (2012.9).
  38. J. Iio, "Utilization of OSS Virtual Machines for the Hands-on Training Environment," OSS 2012 Workshop, FLOSSEdu 2012: FLOSS Education – Long-term Sustainability, G. Robles et al.(Eds.), pp. 1-5, Hammamet, Tunisia, (2012.9).
  39. J. Iio and T. Ogawa, "Discussion on the Problems to be Solved toward the Migration to OSS Productivity Software in the Business Enterprises," The 8th International Conference on Open-Source Systems (OSS2012), I. Hammouda et al. (Eds.): IFIP AICT 378, pp. 377-382, Hammamet, Tunisia, (2012.9).
  40. J. Iio, Y. Sei, T. Shimizu, and F. Kumeno, "Information Sharing System on Open Education Materials for Computing Curriculum," The 3rd Asia Regional OpenCourseWare and Open Education Conference (AROOC2011), paper 3 / Informatics, Meiji University, Vol. 5, No. 1, pp. 13-16, Ochanomizu, Tokyo, (2011.11).
  41. J. Iio, Y. Minei, M. Kubota, and K. Ooki, "Vitalizing Local ICT-industry by Acceleration of FLOSS-based Software Product Development: A Case Study of the ICT-industry in Okinawa," The 6th International Conference on Software Engineering Advances (ICSEA2011), pp. 362-366, Barcelona, Spain, (2011.10).
  42. J. Iio, H. Shimizu, K. Kobayashi, and T. Ogawa, "ODPG: Discussion Group for Introduction of Open-Source Productivity Suite into Japanese Businesses," The 2nd Open Source Research Workshop in East Asia (OSR2011), pp. 39-47, Seoul, Korea, (2011.9).
  43. Y. Koseki, H. Shimizu, and J. Iio, "Business Ecosystem for Digital Museums," The 16th International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM2010) pp. 382-385, Seoul, Korea, (2010.10).
  44. J. Iio, K. Matsuzaki, H. Shimizu, and Y. Shirai, "Practical Education Courses on Open-Source Software in Japanese Higher Education," OSS 2010 Workshop, Open Source Policy and Promotion of IT Industries in East Asia, T. Noda et al. (Eds.), pp. 9-14, Notre Dame, IN, USA, (2010.6).
  45. J. Iio, H. Shimizu, H. Sasaki, and A. Matsumoto, "Proposal for Solving Incompatibility Problems between Open-Source and Proprietary Web Browsers," The 6th International Conference on Open-Source Systems (OSS2010), P. Ågerfalk et al. (Eds.): IFIP AICT 319, pp. 330-335, Notre Dame, IN, USA, (2010.6).
  46. J. Iio, H. Shimizu, H. Sasaki, and A. Matsumoto, "Pirka'r: Tool for Web Designers - Supporting Development of Multi-platform Web Application," The 6th International Conference on Web Information Systems and Technologies (WEBIST2010), Vol. 2, pp. 159-162, Valencia, Spain, (2010.4).
  47. J. Iio, S. Udoguchi, and Y. Shirai, "Information Technology Trends in a Decade Revealed by Text-mining," The 3rd IEEE Pacific Visualization Symposium (PacificVis2010) Poster Proceedings, pp. 17-18, Taipei, Taiwan, (2010.3).
  48. J. Iio, "An Overview of the Industry-Government-Academia Courses and our Experience, Global Human Resources Development in IT and Related Fields: Perspective from Asia," International Symposium on Education Program of IT Engineering for Advanced Manufacturing, pp. 58-59, Koganei, Tokyo, (2009.11).
  49. J. Iio, K. Inoue, and T. Arai, "Three-dimensional Pointing Device using a Multi-spot Laser Pointer" The IEEE 2nd TABLETOP Workshop, Newport, RI. USA, (2007.10).
  50. J. Iio and K. Hiyane, "Human Detection System using Robust Silhouette Extraction from Surveillance Images," The 2nd International Symposium on Systems and Human Science (SSR2005), San Francisco, CA, USA, (2005.3).
  51. J. Iio and T. Arai, "Evaluating an Intuitive User Interface for Three-dimensional Model Viewer," The 10th International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM2004), pp. 808-811, Ogaki, Gifu, (2004.11).
  52. H. Shimizu, J. Iio, and K. Hiyane, "The Realities of Free / Libre / Open Source Software Developers in Japan and Asia," The Joint 4S and EASST Conferences 2004, Paris, France, (2004.8).
  53. J. Iio, T. Yatabe, and K. Hiyane, "3D Model Viewer with Real-time Viewpoint Tracking System," The 9th IFIP TC13 International Conference on Human-Computer Interaction (INTERACT2003), pp. 1107-1108, Zurich, Switzerland (2003.9).
  54. M. Yamazaki, T. Hongo, K. Hiyane, J. Iio, and T. Yatabe, "Genetic Algorithms Based Optimization of 3-Dimensional Alignments for Highways," The 8th International Conference on Civil and Structural Engineering Computing (ECT2002), paper 73, Prague, Czech Republic, (2002.9).
  55. K. Hiyane and J. Iio, "Non-speech Sound Recognition with Microphone Array," Workshop on Hands-Free Speech Communication (HSC2001), pp. 107-110, Seikacho, Kyoto, (2001.4).

国内会議(査読あり)

  1. 飯尾淳, "プログラミング教育における反転授業の実施," 情報処理学会 コンピュータと教育研究会 情報教育シンポジウム Summer Symposium in S??? 2021 (SSS2021), IPSJ Symposium Series Vol. 2021, pp. XX-YY, (2021.Z).[To Appear].
  2. 飯尾淳, 若林茂則, "英語ライティング学習におけるソーシャル・ネットワーク的学習支援システムの活用," 公益社団法人私立大学情報教育協会 2021年度ICT利用による教育改善研究発表会, オンライン, (2021.8).[To Appear].
  3. 飯尾淳, 岡嶋裕史, 尾登啓一, 角田篤泰, 小花聖輝, 原田一義, 松崎和賢, 吉田雅裕, "情報系学部におけるBYOD利用の試み," 公益社団法人私立大学情報教育協会 2019年度ICT利用による教育改善研究発表会, pp.121-124, 東京 神楽坂, (2019.8).
  4. 飯尾淳, 安浩子, 和井田理科, "HCDで教育デザイン," 情報処理学会 夏のプログラミング・シンポジウム2016「教育・学習」報告集, pp.51-56, 北海道 函館, (2016.9).
  5. 飯尾淳, 大釜秀作, "初等情報処理教育におけるプラットフォーム依存問題," 経営情報学会 全国研究発表大会要旨集 2015年度秋季全国研究発表会, pp. 355-358, 沖縄 宜野湾, (2015.11).
  6. 飯尾淳, "オープンソースソフトウェア技術の傾向分析," 第14回情報科学技術フォーラム (FIT2015), 講演論文集第3分冊, pp. 85-88, 愛媛 松山, (2015.9).
  7. 飯尾淳, "初学者向けプログラミング教育に関する意識調査 ― GUIとCUIのどちらがよいか? ―," 情報処理学会 コンピュータと教育研究会 情報教育シンポジウム Summer Symposium in Sakaiminato 2015 (SSS2015), IPSJ Symposium Series Vol. 2015, pp. 17-22, 鳥取 境港, (2015.8).
  8. 飯尾淳, 大釜秀作, 小笠原徳彦, 小川知高, 小林勝哉, 谷本收, "オフィスソフトウェア製品の組織的導入戦略に関する検討," 経営情報学会 全国研究発表大会要旨集 2014年度春季全国研究発表会, pp. 205-208, 神奈川 相模原, (2014.6).
  9. 飯尾淳, 清水浩行, 安藤昌也, "情報アーカイブシステムに対する人間中心設計手法の適用," ソフトウェア品質シンポジウム2013 (SQiP2013), B4-1, 東京 白山, (2013.9).
  10. 飯尾淳, 脇谷直子, 内橋勤, 大場充, "複数の大学と企業を遠隔システムで結んだ産学連携によるプロジェクトマネジメント講義の評価," 情報処理学会 コンピュータと教育研究会 情報教育シンポジウム Summer Symposium in Shizukuishi 2013 (SSS2013), IPSJ Symposium Series Vol. 2013, No. 2, pp. 117-124, 岩手 雫石, (2013.8).
  11. 飯尾淳, 清水浩行, 神庭里文, 小林勝哉, 山田裕貴, "組織で利用するオフィスソフトウェア製品の選択基準に関する検討," 経営情報学会 全国研究発表大会要旨集 2012年度秋季全国研究発表会, pp. 335-338, 石川 金沢, (2012.11).
  12. 飯尾淳, "CGMレビュー評価の分布と炎上状態の関係," 第11回情報科学技術フォーラム (FIT2012), 講演論文集第3分冊, pp. 55-58, 東京 小金井, (2012.9).
  13. 飯尾淳, 脇谷直子, 内橋勤, 大場充, "複数の大学と企業を遠隔システムで結んだ産学連携講義," 情報処理学会 コンピュータと教育研究会 情報教育シンポジウム Summer Symposium in Shizuoka 2012 (SSS2012), IPSJ Symposium Series Vol. 2012, No. 4, pp. 61-68, 静岡 三保, (2012.8).
  14. 清水浩行, 飯尾淳, "業務システムのユーザビリティ評価と品質向上に関する取組み," 第9回ソフトウェアプロセスエンジニアリングシンポジウム(SPES2011), 東京 秋葉原, (2011.7).
  15. 飯尾淳, 鵜戸口志郎, 小山欣泰, 長谷川祐子, "なぜダイエットに成功する人としない人がいるのか? 行動ログに基づく要因の分析," 情報処理学会 マルチメディア、分散、協調とモバイル (DICOMO2011) シンポジウム, pp. 1453-1460, 京都 宮津, (2011.7). [優秀論文賞, 最優秀プレゼンテーション賞]
  16. 飯尾淳, 吉田圭吾, 小池亜弥, 清水浩行, 白井康之, 桑山晃一, 栗山桂一, 小浪宏信, 高山隼佑, "行動情報が明かす「なぜその人はその場所に行くのか」," 第9回情報科学技術フォーラム (FIT2010), 講演論文集第3分冊, pp. 119-126, 福岡 伊都, (2010.9).
  17. 飯尾淳, 松崎和賢, 清水浩行, 白井康之, "OSSを題材に用いた実践的情報技術教育の実施と評価," 情報処理学会 コンピュータと教育研究会 情報教育シンポジウム Summer Symposium in Shibukawa 2010 (SSS2010), IPSJ Symposium Series Vol. 2010, No. 6, pp. 151-158, 群馬 渋川, (2010.8).
  18. 飯尾淳, 吉田圭吾, 小池亜弥, 清水浩行, 白井康之, 桑山晃一, 栗山桂一, 小浪宏信, 高山隼佑, "属性付き位置情報ログが示す行動特性と消費傾向の関係," 情報処理学会 マルチメディア、分散、協調とモバイル (DICOMO2010) シンポジウム, pp. 808-815, 岐阜 下呂, (2010.7). [優秀論文賞]
  19. 飯尾淳, "Linuxデスクトップ活用の普及に向けた取り組み," Japan Linux Conference 2009 (JLC2009), 抄録集 Vol. 3, CP-02, 東京 錦糸町, (2009.9).
  20. 飯尾淳, 松崎和賢, 清水浩行, 白井康之, 杉原井康男, "オープンソースソフトウェアを活用した実践的情報技術教育の試み," 情報処理学会コンピュータと教育研究会 情報教育シンポジウム Summer Symposium in Saga 2009 (SSS2009), IPSJ Symposium Series Vol. 2009, No. 6, pp. 51-54, 佐賀 唐津,(2009.8).
  21. 清水浩行, 飯尾淳, "WEISER: 企業情報システムのユーザビリティに対する評価手法," 第7回情報科学技術フォーラム (FIT2008), 講演論文集第4分冊, pp. 79-80, 神奈川 藤沢, (2008.9).
  22. 白井康之, 松崎和賢, 飯尾淳, 比屋根一雄, 杉原井康男, "実践的IT知識体系としてのOSS学習ガイダンス," 情報処理学会 コンピュータと教育研究会 情報教育シンポジウム Summer Symposium in Samdo 2008 (SSS2008), IPSJ Symposium Series Vol. 2008, No. 6, pp. 71-78, 韓国 済州島, (2008.8).
  23. 飯尾淳, 井上健司, 新井健生, "PickPointer: 3次元モデルの直感的な操作法," Workshop on Interactive Systems and Software (WISS2007), pp. 81-86, 長崎 佐世保, (2007.12).
  24. 伊藤宣博, 今給黎道明, 清水浩行, 飯尾淳, 吉野公平, 瀧田佐登子, "OSSデスクトップの普及を阻害するWebコンテンツの分布状況," Japan Linux Conference 2007 (JLC2007), 抄録集 Vol. 1, CP-04, 東京 有明, (2007.9).
  25. 飯尾淳, 新井健生, "レーザポインタと単眼カメラを利用した3次元情報入力装置," Workshop on Interactive Systems and Software (WISS2005), pp. 133-134, 香川 小豆島, (2005.12).
  26. 飯尾淳, 今給黎道明, 末廣陽一, 三宅直樹, 篠原雅彦, 森蔭政幸, 比屋根一雄, "教材コンテンツとOSSブラウザの相互運用性問題," 日本e-Learning学会 2005年学術講演会 (JeLA2005), 神戸, (2005.11).
  27. 飯尾淳, 比屋根一雄, "環境の変化に安定した人物検出手法," 第10回画像センシングシンポジウム (SSII04), pp. 129-134, 横浜 みなとみらい, (2004.6).
  28. 比屋根一雄, 清水浩行, 谷田部智之, 飯尾淳, "オープンソースデスクトップ導入ガイド," Linux Conference 2004 (LC2004), 抄録集 Vol. 2, CP-04, 東京 有明, (2004.6).
  29. 清水浩行, 谷田部智之, 飯尾淳, 比屋根一雄, "オープンソース / フリーソフトウェア開発者の地域差に関する考察," Linux Conference 2004 (LC2004), 抄録集 Vol. 2, CP-05, 東京 有明, (2004.6).
  30. 齋藤真輝, 曽我正信, 中出実, 山中禎詠, 杉岡利信, 阿部昌裕, 片桐敦, 小島一元, 比屋根一雄, 飯尾淳, 谷田部智之, "Tasklet方式によるLinuxのリアルタイム性向上," Linux Conference 2004 (LC2004), 抄録集 Vol. 2, CP-08, 東京 有明, (2004.6). [Linux Conference Award]
  31. 飯尾淳, 伊達章, "顔検出システム MACAO & FacePoint," Linux Conference 2003 (LC2003), 抄録集 Vol. 1, CP-02, 大阪 本町, (2003.10).
  32. 飯尾淳, 谷田部智之, 比屋根一雄, "Disparity Map を用いたユーザ位置の検出と3次元インタフェースへの適用," 第2回情報科学技術フォーラム (FIT2003), 情報技術レターズ, Vol. 2, pp. 271-272, 北海道 江別, (2003.9).
  33. 飯尾淳, 谷田部智之, 比屋根一雄, "Linuxにおける動画像処理の現状と応用," Linux Conference 2002 (LC2002), 東京 大手町, (2002.9).
  34. 飯尾淳, 谷田部智之, 比屋根一雄, 米元, 谷口, "動画像処理ライブラリMAlibを利用した3次元ユーザインタフェースの実装," オブジェクト指向2002シンポジウム (OO2002), pp. 117-120, 東京 台場, (2002.8).
  35. 飯尾淳, 谷田部智之, 比屋根一雄, "顔の向きと頭部位置を利用したユーザインタフェースの試作," 第8回画像センシングシンポジウム (SSII2002), pp. 573-576, 横浜 みなとみらい, (2002.7).
  36. 飯尾淳, 谷田部智之, 比屋根一雄, "汎用動画像処理ソフトウェアライブラリ - MAlib -," Linux Conference 2001 (LC2001), 東京 信濃町, (2001.8).

国内会議(査読なし)

  1. 只野日向子, 鐘宇恒, 飯尾淳, "コロナウイルスの脅威とデータ分析," 第48回サイバーワールド研究会, CW2021-02, オンライン, (2021.6).
  2. 郡司大河, 友居柊也, 佐久間史也, 松崎たお, 津上ユリアン, 指澤竜也, 飯尾淳, "紙媒体と電子媒体の資料の読み取りにおけるUXの比較 〜視線計測装置を用いた実験〜," 人間中心設計推進機構 2021年春季HCD研究発表会, pp. 9-14, オンライン, (2021.6).
  3. 飯尾淳, 辛島光彦, "研究会がオンライン化されてどうなったか?," 人間中心設計推進機構 2021年春季HCD研究発表会, pp. 15-18, オンライン, (2021.6).
  4. 斎藤裕紀恵, 飯尾淳, "新学部におけるGlobal Projectsの実施,Covid-19前後の展開と今後の展望," グローバル人材育成教育学会 第8回全国大会・第1回国際遠隔会議, pp. 65-66, オンライン, (2021.2).
  5. 藤山勇愛美, 大塚主浩, 吉本未来, 飯尾淳, "iTLにおけるオンライン大学祭開催に関する諸問題," 第46回サイバーワールド研究会, CW2020-3, 東京 三田, (2020.12).
  6. 飯尾淳, 辛島光彦, "オンライン研究会のあり方について," 人間中心設計推進機構 2020年冬季HCD研究発表会, pp. 49-52, オンライン, (2020.11).
  7. 和井田理科, 相澤奈保子, 飯尾淳, 石山泰弘, 大﨑理乃, 川本圭太, 上林昭, 高野礼子, 佐藤紀子, 鈴村昌司, 高岩仁, 出水宏治, 富崎止, 丸山文枝, "HCD 普及・啓発活動実践者のためのHCD入門講座雛形(第5報) ―教育実践者からのフィードバックを得る活動の報告―," 人間中心設計推進機構 2020年春季HCD研究発表会, pp. 51-54, オンライン, (2020.6).
  8. 飯尾淳, "UXの良し悪しに関する学生の意識," 人間中心設計推進機構 2020年春季HCD研究発表会, pp. 59-64, オンライン, (2020.6).
  9. 中村絵理子, 飯尾淳, "ITエンジニアの学習における意欲と動機," 第44回サイバーワールド研究会, CW2019-10, 東京 市ヶ谷, (2020.3).
  10. 金田康之介, 飯尾淳, "Twitterトレンドの可視化による傾向の分析," 第44回サイバーワールド研究会, CW2019-09, 東京 市ヶ谷, (2020.3).
  11. 櫛田裕介, 飯尾淳, "学生向け物品管理システムの提案," 第44回サイバーワールド研究会, CW2019-08, 東京 市ヶ谷, (2020.3).
  12. 飯尾淳, "アジャイル開発に学ぶHCD導入戦略の検討," 人間中心設計推進機構 2019年冬季HCD研究発表会, pp. 1-2, 東京 高輪, (2019.11).
  13. 中村絵理子, 飯尾淳, "IT技術者における学習意欲を高める要素の分析 ― SD誌とOSCアンケート分析結果の比較より―," 2019年度社会情報学会(SSI)学会大会, pp. 189-192, 東京 市ヶ谷, (2019.9).
  14. 飯尾淳, "Twitterトレンドの分析 ― SNSでは何の話題で盛り上がるのか?―," 2019年度社会情報学会(SSI)学会大会, pp. 232-235, 東京 市ヶ谷, (2019.9).
  15. 飯尾淳, "図書館利用データの可視化による利用状況分析 ― 八王子市図書館を例として ―," 第18回情報科学技術フォーラム (FIT2019), 講演論文集第3分冊, pp. 325-326, 岡山, (2019.9).
  16. 飯尾淳, "UXDの課題," 人間中心設計推進機構 2019年春季HCD研究発表会, pp. 3-6, 東京 芝浦, (2019.6).
  17. 櫛田裕介, 飯尾淳, "学生向け物品管理システムの開発," 人間中心設計推進機構 2019年春季HCD研究発表会, pp. 19-20, 東京 芝浦, (2019.6).
  18. 鈴村昌司, 石山泰弘, 相澤奈保子, 飯尾淳, 大﨑理乃, 上林昭, 佐藤紀子, 富崎止, 和井田理科, "HCD普及・啓発活動実践者のためのHCD入門講座雛形(第4報)― 「お客様と接する方々へ」版 作成活動の報告 ―," 人間中心設計推進機構 2019年春季HCD研究発表会, pp. 33-36, 東京 芝浦, (2019.6).
  19. 庄司智明, 樋山直樹, 飯尾淳, "AD Strips劣化度自動判定アプリの開発," 第41回サイバーワールド研究会, CW2018-12, pp. 11-14, 神奈川 川崎, (2019.3).
  20. 石山泰弘, 相澤奈保子, 飯尾淳, 大崎理乃, 上林昭, 佐藤紀子, 鈴村昌司, 富崎止, 和井田理科, "HCD普及・啓発活動実践者のためのHCD入門講座雛形(第3報)―エンジニア向け改訂版・お客様と接する人向けβ版作成活動の報告―," 人間中心設計推進機構 2018年冬季HCD研究発表会, pp. 23-26, 東京 高輪, (2018.12).
  21. 青木優大, 飯尾淳, "八王子市図書館を対象とした図書館評価のためのデータ分析," 日本図書館情報学会 第66回研究大会, pp. 9 -12. 沖縄 那覇, (2018.11).
  22. 飯尾淳, "位置限定匿名掲示板の活用:大学講義での応用を例として," 第17回情報科学技術フォーラム (FIT2018), 講演論文集第3分冊, pp. 321-322, 福岡 和白東, (2018.9).
  23. 岡田忠, 飯尾淳, 中祖嘉人, "3x3競技におけるプロバスケットボールクラブのシステムの提案," 第39回サイバーワールド研究会, CW2018-05, pp. 9-13, 東京 砧, (2018.6).
  24. 上林昭, 相澤奈保子, 飯尾淳, 五十嵐亜季, 石山泰弘, 大﨑理乃, 佐藤紀子, 鈴村昌司, 高生加英樹, 富崎止, 和井田理科, "HCD普及・啓発活動実践者のためのHCD 入門講座雛形(第2報)-エンジニア向け正式版・お客様と接する人向けβ版作成活動の報告ー," 人間中心設計推進機構 2018年春季HCD研究発表会, pp. 1-4, 東京 芝浦, (2018.6).
  25. 飯尾淳, "情報表現の差がユーザーに与える影響," 人間中心設計推進機構 2018年春季HCD研究発表会, pp. 46-49, 東京 芝浦, (2018.6).
  26. 玉手千晶, 樋口花帆, 飯尾淳, "カメレオンコードを応用したアプリの提案『れっつぱーてぃ』," 第38回サイバーワールド研究会, CW2017-13, pp. 3-8, 東京 砧, (2018.3).
  27. 飯尾淳, "読書感想文コード化の試み," 第37回サイバーワールド研究会, CW2017-09, pp. 9-12, 沖縄 石垣, (2017.12).
  28. 吉岡(小林)徹, 飯尾淳, "講演スライドの撮影という行為に関する法的議論," 人間中心設計推進機構 2017年冬季HCD研究発表会, pp. 9-10, 東京 芝浦, (2017.12).
  29. 飯尾淳, 石山泰弘, 佐藤紀子, 和井田理科, "現場向けHCD入門教育コンテンツの作成と試行," 情報処理学会研究報告 コンピュータと教育(CE), 2017-CE-141(5), pp. 1-8, 台湾 台北, (2017.11).
  30. 飯尾淳, "日越合同のグループワークによる国際PBL," 公益社団法人私立大学情報教育協会 平成29年度教育改革ICT戦略大会, pp. 274-275, 東京 市ヶ谷, (2017.9).
  31. 浅田省吾, 飯尾淳, "畳込みニューラルネットワークを利用した同一作品上のアニメ・マンガ(原作)分類器作成," 第36回サイバーワールド研究会, CW2017-01, pp. 1-4, 東京 三田, (2017.6).
  32. 飯尾淳, "講演スライドの撮影という迷惑行為に関する意識調査," 人間中心設計推進機構 2017年春季HCD研究発表会, pp. 1-4, 東京 芝浦, (2017.5).
  33. 和井田理科, 相澤奈保子, 飯尾淳, 五十嵐亜季, 石山泰弘, 上林昭, 佐藤紀子, 鈴村昌司, 高生加英樹, 富崎止, "HCD普及・啓発活動実践者のためのHCD入門講座雛形 ーβ版作成活動の報告ー," 人間中心設計推進機構 2017年春季HCD研究発表会, pp. 9-10, 東京 芝浦, (2017.5).
  34. 塚本拓也, 甲斐光彦, 飯尾淳, "若い世代におけるPCとスマートフォンのタイピング効率の比較," 人間中心設計推進機構 2017年春季HCD研究発表会, pp. 11-16, 東京 芝浦, (2017.5).
  35. 菅野悠, 飯尾淳, "動画投稿サイトに寄せられるコメントの分析," 第35回サイバーワールド研究会, CW2016-12, pp. 7-12, 大阪 梅田, (2017.3).
  36. 李東真, 飯尾淳, "階層的提示型ビデオ検索システムのプロトタイプ構築," 第34回サイバーワールド研究会, CW2016-10, pp. 25-28, 東京 三軒茶屋, (2016.12).
  37. 李東真, 飯尾淳, "小規模簡易評価による動画DBプロトタイプ改良の試み," 人間中心設計推進機構 2016年冬季HCD研究発表会, pp. 22-23, 東京 芝浦, (2016.12).
  38. 飯尾淳, "情報共有空間におけるノイズ発生のメカニズムと抑制に関する実験的考察," 人間中心設計推進機構 2016年冬季HCD研究発表会, pp. 1-2, 東京 芝浦, (2016.12).
  39. 安浩子, 佐藤紀子, 西部渉, 小山文子, 飯尾淳, 和井田理科, "組織にHCDを浸透させるための教育的枠組み(第3報)- 教育対象別アクションプランの評価と提案 -," 人間中心設計推進機構 2016年春季HCD研究発表会, pp. 62-65, 東京 高輪, (2016.6).
  40. 九津見真太郎, 飯尾淳, "スマホVRにおけるコメント機能の提案," 第32回サイバーワールド研究会, CW2015-17, pp. 39-43, 東京 吉祥寺, (2016.3).
  41. 安浩子, 小山文子, 日野隆史, 堀口麻奈, 源賢司, 飯尾淳, 和井田理科, "組織にHCDを浸透させるための教育的枠組み(第2報)- 教育対象別アクションプランの検討 -," 人間中心設計推進機構 2015年冬季HCD研究発表会, pp. 32-35, 東京 芝浦, (2015.12).
  42. 安浩子, 日野隆史, 堀口麻奈, 源賢司, 森山明宏, 飯尾淳, "組織にHCDを浸透させるための教育的枠組み - 事例にもとづいた検討の報告 -," 人間中心設計推進機構 2015年春季HCD研究発表会, pp. 22-27, 東京 高輪, (2015.5).
  43. 山﨑久道, 小川千代子, 飯尾淳, 関本美知子, 李東真, "研究開発における文書・記録の管理にかかわる調査と提言 -STAP問題を教訓に-," 記録管理学会2015年研究大会, pp. 21-28, 香川 丸亀, (2015.5).
  44. 和野愛未, 飯尾淳, "アプリケーション配信サービスにおけるユーザレビューの分析," 電子情報通信学会 第29回サイバーワールド研究会, CW2014-14, pp. 29-34, 千葉 新町, (2015.2).
  45. 大釜秀作, 飯尾淳, 玉井詩子, "ソフトウェア利用法に関する教材の相互運用性検証," 電子情報通信学会 第28回サイバーワールド研究会, CW2014-06, pp. 1-4, 神奈川 みなとみらい, (2014.12).
  46. 岩瀬由樹, 飯尾淳, "クラウドサービス普及のための今後の課題," 電子情報通信学会 第26回サイバーワールド研究会, CW2013-12, pp. 19-24, 東京 吉祥寺, (2014.3).
  47. 脇谷直子, 飯尾淳, 内橋勤, 大場充, "複数の大学と企業の連携によるプロジェクトマネジメント教育とその評価," プロジェクトマネジメント学会 2014年度春季研究発表大会, pp. 280-283, 東京 白山, (2014.3).
  48. 飯塚重善, 飯尾淳, 松原幸行, "SF映画シーンを活用した近未来UIデザインのためのライブラリ開発の試み,” HCGシンポジウム2013, 松山 愛媛, (2013.12).
  49. 飯塚重善, 飯尾淳, 松原幸行, "SF映画に登場するUIに関するHCD観点からの考察," ヒューマンインタフェースシンポジウム (HIS2013), pp. 163-166, 東京 早稲田, (2013.9).
  50. 脇谷直子, 飯尾淳, 内橋勤, 大場充, "複数の大学と企業の連携によるプロジェクトマネジメント教育," プロジェクトマネジメント学会 2013年度春季研究発表大会, pp. 261-266, 東京 白山, (2013.3).
  51. 岡田忠, 飯尾淳, "OSSデスクトップの利用に関するセキュリティの考察," 電子情報通信学会 第23回サイバーワールド研究会, CW2012-14, pp. 1-6, 神奈川 厚木, (2013.3).
  52. 松原幸行, 飯尾淳, 飯塚重善, "SF映画に学ぶ近未来ユーザインタフェースデザインの上流プロセス," 人間中心設計推進機構 第4回HCD研究発表会, pp. 55-57, 東京 秋葉原, (2012.12).
  53. 飯尾淳, 飯塚重善, 松原幸行, "SF映画からの近未来UIに関する考察とその効果," HCGシンポジウム2012, pp. 364-369, 熊本, (2012.12).
  54. 飯塚重善, 飯尾淳, 松原幸行, "SF映画からの近未来UIに関する考察," 第14回日本感性工学会大会, E2-6, 東京 北千住, (2012.8).
  55. 明隆三, 飯尾淳, 飯沼雅也, 大釜秀作, 小川知高, 澤田幸作, 吉田忠城, "企業におけるOSS生産性ソフトウェア導入に向けた留意点の検討," 電子情報通信学会 第21回サイバーワールド研究会, pp. 7-10, 東京 品川, (2012.6).
  56. 岡田忠, 飯尾淳, 菅野泰彦, 大澤一郎, 亀田大輔, "OSS製品の提供による被災地支援の試み," 電子情報通信学会 第19回サイバーワールド研究会, CW2011-05, pp. 11-14, 茨城 つくば, (2011.12).
  57. 清水浩行, 仙頭洋一, 大橋毅夫, 飯尾淳, "超簡易ユーザビリティチェック手法「UxDux Light」の開発," 人間中心設計推進機構 第3回HCD研究発表会, pp. 19-22, 東京 秋葉原, (2011.12).
  58. 仙頭洋一, 清雄一, 清水浩行, 飯尾淳, 大橋毅夫, "ユーザビリティテスト手法の調査コンサルティング業務への適用可能性検証," ヒューマンインタフェースシンポジウム2011 (HIS2011), pp. 547-548, 宮城 仙台, (2011.9).
  59. 飯尾淳, "技術コラムにおけるWebリンクの寿命," 第10回情報科学技術フォーラム (FIT2011), 講演論文集第2分冊, pp. 163-166, 北海道 函館, (2011.9).
  60. 飯尾淳, "情報システム・ユーザビリティの評価改善手法," 電子情報通信学会 第15回サイバーワールド研究会(招待講演), CW2010-4, pp. 15-18, 東京 吉祥寺, (2010.3).
  61. 飯尾淳, 清水浩行, 佐々木久禎, 松本明丈, "Pirka'r: ブラウザ間非互換問題を解決するWebデザイナ向けツール," 電子情報通信学会 第15回WI2 研究会, IEICE SIG Notes, WI2-2009-43, pp. 67-68, 広島, (2009.7).
  62. 飯尾淳, 岡田忠, "新しいコンピューティングパラダイムにおけるユーザ・クライアントのあり方に関する一考察," 電子情報通信学会 第13回サイバーワールド研究会, CW2009-8, pp. 31-34, 東京 大森, (2009.6).
  63. 飯尾淳, "レーザポインタを利用した3次元情報入力装置PickPointerの精緻化," 三次元映像のフォーラム 第85回研究会, 3D映像, Vol. 22, No. 3, pp. 6-13, 東京 本郷, (2008.9).
  64. 飯尾淳, 井上健司, 新井健生, "複数輝点レーザポインタによる3次元情報入力装置," 第5回情報科学技術フォーラム(FIT2006), 一般講演論文集第3分冊, pp. 467-468, 福岡 七隈, (2006.9).
  65. 比屋根一雄, 清水浩行, 谷田部智之, 飯尾淳, "オープンソースソフトウェア開発者 オンライン調査日本版 FLOSS-JP," Linux Conference 2003 (LC2003), 抄録集 Vol. 1, CA-01, 大阪 本町, (2003.10).
  66. 飯尾淳, 谷田部智之, 比屋根一雄, "観測位置計測を備えた3Dモデル表示システムとその応用," 三次元映像のフォーラム 第64回研究会, 3D映像, Vol. 17, No. 2, pp. 43-46, 東京 大岡山, (2003.5).
  67. 飯尾淳, "顔認識による視点位置計測を利用した3次元モデル表示装置," 2003年度JSPE春季大会シンポジウム「人と顔の計測と感性情報処理」, pp. 105-110, 東京 東小金井, (2003.3).
  68. 飯尾淳, 谷田部智之, 比屋根一雄, 米元聡, 谷口倫一郎, 長島一雄, 土原丈友, "動画像からの実時間身体姿勢認識を用いた3次元UI技術の研究開発," IPA 平成13年度 成果報告集 CD-ROM, 東京 水道橋, (2002.11).
  69. 比屋根一雄, 中村哲, 飯尾淳, 浅野太, 金田豊, 山田武志, 西浦敬信, 小林哲則, 伊勢史郎, 猿渡洋, "RWC実環境音声・音響データベース," 第16回人工知能学会全国大会, 東京 お茶の水, (2002.5).
  70. 飯尾淳, 谷田部智之, 比屋根一雄, "組み込みLinux向け動画像処理基盤ソフト「MAlib」," 第1回 IPA Technology Expo (ITX2001), 東京 青山, (2001.11).
  71. 西浦敬信, 中村哲, 比屋根一雄, 飯尾淳, 浅野太, 山田武志, 小林哲則, 金田豊, "音声認識や音環境理解のための実環境音声・音響データベースの構築," 人工知能学会, 第13回AIチャレンジ研究会 SIG-Challenge-0113, pp. 55-62, 東京 大久保, (2001.6).
  72. 山崎元也, 本郷廷悦, 高橋広幸, 今村博, 比屋根一雄, 飯尾淳, 谷田部智之, 加賀屋誠一, "デジタル地形データの高速道路設計への応用," 第23回土木計画学会研究発表会, 足利, (2000.11).
  73. 比屋根一雄, 澤部直太, 飯尾淳, "マイクロホンアレーを用いた非音声音認識," RWC2000シンポジウム, 東京 平河町, (2000.1).
  74. 田浦健次朗, 遠藤敏夫, 大山恵弘, 田端邦男, 米澤明憲, 比屋根一雄, 西岡利博, 飯尾淳, 小林慎一, 岡田弓子, "次世代マルチプロセッサPC向け高効率C言語処理系," IPA高度情報化支援ソフトウェア育成事業最終成果発表会, 東京 台場, (1999.5).
  75. 飯尾淳, 比屋根一雄, "非音声信号認識のための擬音語クラスタ," 電子情報通信学会総合大会, 横浜 日吉, (1999.3).
  76. 比屋根一雄, 澤部直太, 飯尾淳, "擬音語表現に基づく衝突音認識システム," 日本音響学会秋季研究発表会, pp. 135-136, 米沢,(1998.9).
  77. 比屋根一雄, 澤部直太, 飯尾淳, "単発音のスペクトル構造とその擬音語表現," 1998 RWC 成果発表会, 東京 永田町, (1998.6).
  78. 比屋根一雄, 澤部直太, 飯尾淳, "単発音のスペクトル構造とその擬音語表現に関する検討," 電子情報通信学会 音声研究会, 信学技法, SP97-125, pp. 65-72 (1998.3).
  79. 前田宗則, 飯尾淳, 石川裕, "ガーベージコレクションアルゴリズムの可視化: 逆計算による並行プログラムの理解," 日本ソフトウェア科学会第13回大会, pp. 221-224, つくば, (1996.9).
  80. 飯尾淳, 山本博資, 有本卓, "反復放棄法を利用したフィードバック通信の信頼性関数," 電子情報通信学会, 信学技報, Vol. 93, No. 530, pp. 1-6 (1994.1).
  81. 飯尾淳, 山本博資, 有本卓, "誤りのあるフィードバックを持つ通信における通信路信頼性関数について," 第16回情報理論とその応用シンポジウム (SITA93), pp. 5-8, 金沢, (1993.10).

その他の著書(共著・共訳)

  1. 中井悦司, 橘慎太郎, 石川聡彦, 貞光九月, 中西崇文, 辻慎吾, 飯尾淳, 島田達郎, 中川伸一, 安部晃生, 横山直敬, 馬場真哉, "ITと数学 (Software Design別冊)," 技術評論社 (2021).
  2. 澤部直太, 西山聡, 飯尾淳 共著, "ITエンジニアのためのプロジェクトマネジメント入門", オーム社 (2020).
  3. 中央大学国際情報学部 編, "国際情報学入門," ミネルヴァ書房 (2020).
  4. Nathan Shedroff, Christopher Noessel, 安藤幸央 監修・翻訳, "SF映画で学ぶインタフェースデザイン アイデアと想像力を鍛え上げるための141のレッスン," 丸善出版 (2014).
  5. 小宮山宏 編集, 三菱総合研究所, "これから30年 日本の課題を解決する先進技術," 日本経済新聞出版社 (2012).
  6. 情報処理推進機構 編, "学校にオープンソースコンピュータを導入しよう! 〜オープンソースソフトウェア導入の意義と方法," アスキー (2005).
  7. 三菱総合研究所, "モバイルビジネス最前線," 工業調査会 (2001).
  8. 杉野昇, 磯部 悦男 共編, "なるほどナットク! モバイルがわかる本," オーム社 (2001).
  9. 牧野昇 監修, "三菱総研これからの「IT革命」," 学生社 (2000).
  10. 三菱総合研究所, "全予測 情報革命," ダイヤモンド社 (1998).
  11. 三菱総合研究所, "全予測 先端技術," ダイヤモンド社 (1996).
  12. 反町洋一 編, "情報処理技術者試験 新2種合格への学習ポイント60," 東京教育情報センター (1996).

その他の著書(翻訳された書籍)

  1. 이이오 준 지음, 김성재 역, "우분투 환경에서 C 언어로 배우는 리눅스 프로그래밍," 한빛미디어 [韓国語翻訳版] (2012).
  2. 飯尾淳 著, 陳禹豪 譯, "圖解 專案管理實務與案例演練," 旗標學校服務網, 旗標出版 [台湾語翻訳版] (2011).
  3. 미쓰비시종합연구소 정보기술연구회, "IT혁명 지금부터가 진짜다," 무한 [韓国語翻訳版] (2000).

雑誌寄稿・解説

  1. 飯尾淳, "サイバーワールドを介して実社会を見つめなおす," 電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ誌, 研究最前線, Vol. 26, No. 3, pp. XX-YY, (2021, ZZ). [予定]
  2. 飯尾淳, "連載:Pythonあれこれ," , シェルスクリプトマガジン, (2021.4 - ).
  3. 飯尾淳, "HCI International 2019参加報告," ヒューマンインタフェース学会学会誌, Vol. 21, No. 3, p. 37, (2019.11).
  4. 飯尾淳, "数学とAI、主体的に学習していく方法とは," Software Design, 2019年3月号, pp. 58-59, (2019.3).
  5. 飯尾淳, "RESEARCH FOR FUTURE, 次代の技術を覗いて, 中央大学文学部社会情報学専攻 飯尾研究室," シェルスクリプトマガジン, Vol. 57, pp. 80-81, (2018.12).
  6. 飯尾淳, "なぜ,コンピュータは割り算が下手なのか!?," Software Design, 2017年11月号, pp. 57-78, (2017.11).
  7. 飯尾淳, "連載:バーティカルバーの極意," (全24回), シェルスクリプトマガジン, (2017.4 - 2021.2).
  8. 飯尾淳, "基礎的素養として学ぶHCD," HCDジャーナル, Vol. 2, No. 2, p. 10, (2016.11).
  9. 河野泉, 他, "HCD-Netフォーラム2016 1日目 シンポジウム," HCDジャーナル, Vol. 2, No. 2, pp. 24-25, (2016.11).
  10. 飯尾淳, "HCD-Netフォーラム2016 2日目 パラレルセッション2 初学者向け「HCDの基本:ユーザーを知る」," HCDジャーナル, Vol. 2, No. 2, p. 27, (2016.11).
  11. 飯尾淳, "山﨑久道先生の人と業績," 中央大学文学部 紀要 社会学・社会情報学, No. 26, pp. 1-4, (2016.3).
  12. 飯尾淳, "SF-SIG有志 台北合宿報告," HCDジャーナル, Vol. 1, No. 1, p. 39, (2015.10).
  13. 飯尾淳, 清水浩行, "人間中心設計:1. なぜ使いにくい情報システムが生まれるのか?," 情報処理, Vol. 54, No. 1, pp. 4-9, (2013.1).
  14. 清水浩行, 飯尾 淳, "ここまできたオープンなオフィス文書の世界, 活性化するオフィススイート市場と日本のオフィス文書標準化における課題," 情報処理, Vol. 52, No. 4-5, pp. 564-571, (2011.4).
  15. 飯尾淳, "企業で使えるオープンソースソフトウェアの動向," アシスト, No. 9, 2011 Spring, pp. 8-13, (2011.3).
  16. 飯尾淳, "レーザポインタと画像認識による3次元情報入力装置 - PickPointer: 複数の輝点から手元の位置を推定 -," 画像ラボ, Vol. 20, No. 2, pp. 46-50 (2009.2).
  17. 飯尾淳, "UXマネジメント," アメリカ&カナダ留学辞典2009, アルク, p. 66 (2008.10).
  18. 飯尾淳, "北東アジア各国政府のオープンソースソフトウェア採用動向," Linuxオープンソース白書2006, pp. 246-248 (2005.10).
  19. 飯尾淳, "東南アジア・オセアニア各国政府のオープンソースソフトウェア採用動向," Linuxオープンソース白書2006, pp. 249-252 (2005.10).
  20. 飯尾淳, "観測位置計測を備えた3次元モデル表示システムとその応用," 画像ラボ, Vol. 15, No. 3, pp. 28-31 (2004.3).
  21. 飯尾淳, "画像処理ライブラリの活用法," 映像情報インダストリアル増刊 どっさり! マシンビジョンの基礎, Vol. 35, No. 13, pp. 119-124 (2003.12).
  22. 飯尾淳, "オープンソースプロジェクト実践ノート," Open Source システム導入マニュアル, pp. 49-59 (2003.9).
  23. 飯尾淳, "オープンソース化の潮流," ESTRELA, No. 110, pp. 2-9 (2003.5).
  24. 飯尾淳, 谷田部智之, 比屋根一雄, "MAlib: オープンソース動画像処理ライブラリ," 画像ラボ, Vol. 14, No. 4, pp. 81-84 (2003.4).
  25. 飯尾淳, "観測位置に対応した3次元物体の実時間表示: より自然なユーザインタフェースの実現を目指して," 画像ラボ, Vol. 14, No. 1, pp. 26-29 (2003.1).
  26. 飯尾淳, "画像処理ライブラリの活用法," 映像情報インダストリアル, Vol. 34, No. 11, pp. 67-72 (2002.11).
  27. 飯尾淳, 谷田部智之, "動画像処理のアルゴリズム MAlibによるフィルタの実装," C MAGAZINE, Vol. 14, No. 11, pp. 10-29 (2002.11).
  28. 飯尾淳, "動画像処理ソフトウェアライブラリ MAlib," LinuxJapan, Vol. 5, No. 5, pp. 28-38 (2001.5).
  29. 比屋根一雄, 飯尾淳, "マイクロホンアレーを用いた非音声音認識," RWC NEWS, Vol. 17, p. 21, (2000.6).
  30. 三菱総合研究所 編, "Newton 臨時増刊号 大予測 global webがひらく5年後の世界," Newton Press (1997.12).

その他の寄稿(オンライン記事など)

  1. 飯尾淳, "研究活動への誘い," 理事コラム, HCD-Netニュースレター, Vol. 181, (2021.6).
  2. 飯尾淳, "講義のオンライン化がもたらした恩恵 ―― 反転授業の実践にむけて," EdTechZine, 先進事例紹介(オンライン授業), (2021.2).
  3. 飯尾淳, "オンライン化した大学での学び ~学生と教員はどう受け止めたか," EdTechZine, 先進事例紹介(オンライン授業), (2020.11).
  4. 飯尾淳, "SNSは世論の代弁者たりえるか?," オピニオン, Chuo Online, YOMIURI ONLINE(読売新聞), (2020.6).
  5. 飯尾淳, "新しい産業にこそHCDの導入を," 理事コラム, HCD-Netニュースレター, Vol. 165, (2020.2).
  6. 飯尾淳, "学問の基本・設計の基本," ショートコラム, HCD-Netニュースレター, Vol. 122, (2016.6).
  7. 飯尾淳, "公共財としてのオープンソースソフトウェア," オピニオン, Chuo Online, YOMIURI ONLINE(読売新聞), (2013.6).
  8. 飯尾淳, "デスクトップ? 何それ、おいしいの?," Linux.com JAPAN, 特集/コラム, (2012.1〜2012.2).
  9. 飯尾淳, "近年の勉強会ブームについて," ショートコラム, HCD-Netニュースレター, Vol. 64, (2011.10).
  10. 飯尾淳, "産業のシステム化(11):新産業創造の壁を突破する鍵は、社会実験と知の共有化," Thinking TODAY, 株式会社三菱総合研究所, (2010.8).
  11. 中川正樹, 飯尾淳, "連載: PMBOKと実例で学ぶプロジェクトマネジメント," ソフトバンク ビジネス+IT, システム開発/総論, (2010.6〜2010.10).
  12. 飯尾淳, 他, "デスクトップOSS活用最前線," 日経ITPro, オープンソース/Linux/デスクトップ, (2009.9〜2010.6).
  13. 飯尾淳, "不完全なHTMLを動的にタッチアップ," CodeZine, Web/JavaScript/Firefoxプラグイン, (2006.8).
  14. 飯尾淳, "GTK+プログラミング: プレゼンテーション支援ツールの開発," CodeZine, 言語/C/GTK+, (2006.5).
  15. 飯尾淳, "EffecTVによるリアルタイムビデオイフェクト," CodeZine, 言語/C/画像処理, (2005.10).
  16. 飯尾淳, 比屋根一雄, "教育現場におけるオープンソース実証実験," ThinkIT, システムトレンド (2005.7〜2005.10).
  17. 比屋根一雄, 飯尾淳, 谷田部智之, "世界各国政府のオープンソース採用動向," ThinkIT, システムトレンド (2005.2〜2005.6).
  18. 比屋根一雄, 飯尾淳, 他, "週刊Take IT Easy" 連載 (1998.12〜2013.3).

講演・口頭発表(英語)

  1. J. Iio, "Lessons Learned from Utilizing Dialogbook for the Intercultural Education between Taiwanese High Schools and Japanese High Schools," COSCUP 2021, Taipei, Taiwan (online) (2021.8.1).
  2. J. Iio, "Novel Online Communication Tools: OLiVES and DiaLogBook," COSCUP 2020, Taipei, Taiwan (online) (2020.8.2).
  3. J. Iio, "TWtrends: a System to Visualize the Twitter Trends in a Particular Region," COSCUP 2019, Taipei, Taiwan (2019.8.18).
  4. J. Iio, "PM and OSS business," Private Seminar, Ho Chi Minh City, Vietnam (2014.3.10).
  5. J. Iio, "ICT Project Management," Vietnam Government, Chief Information Officer training course in Japan, Tama, Tokyo (2013.12.5).
  6. J. Iio, "Organization for ICT Management," Vietnam Government, Chief Information Officer training course in Japan, Tama, Tokyo (2013.12.5).
  7. J. Iio, "New Technology of ICT Application," Vietnam Government, Chief Information Officer training course in Japan, Tama, Tokyo (2013.12.5).
  8. J. Iio, "Problems and Issues in Building the Business Ecosystem Surrounding Open Source Software Products," OSS Workshop, Kunitachi, Tokyo (2012.2.21).
  9. J. Iio, "Development of OSS-based Practical IT Training Courses," LinuxCon Japan/Tokyo 2010 Tokyo, Roppongi, Tokyo (2010.9.27).
  10. J. Iio, et al., "Creating a New Model of Global HRD in IT in Asia: Possibilities and Potentialities of Industry-Government-Academia Collaboration," Int'l Symposium on Education Program of IT Engineers for Advanced Manufacturing, Koganei, Tokyo (2009.11.27).
  11. J. Iio, "Ubuntu Operating System Introduction and Utilization Methods, Chances for Developing OSS Support Services," Workshop on Promotion Policy on Open Source Software Usage in Vietnam, Hanoi, Vietnam (2009.2.20).
  12. J. Iio, "How to Use the BuyMyanmar Business-to-Business Matching Portal," Myanmar Export Promotion Seminar, Yangon, Myanmar (2009.1.30).
  13. J. Iio, "An Overview on the BuyASEAN.jp Business-to-Business Matching Portal," The B.E.S.T. Program for SMEs in Japan, Ginza, Tokyo (2008.4.23).
  14. M. Oriyama and J. Iio, "Toward Establishment of a Common Gateway," Capacity- Building Program: Information and Communications Technology, " Transforming ASEAN TPO Websites into Transactions-based Web Services," Jakarta, Indonesia (2007.9.4〜6).
  15. J. Iio, "Special Course for C/L, Business Matching Sites," Capacity-Building Program: Information and Communications Technology, " Transforming ASEAN TPO Websites into Transactions-based Web Services," Jakarta, Indonesia (2007.9.4〜6).
  16. J. Iio, "e-Commerce Utilizing Open Source Software," Capacity-Building Program: Information and Communications Technology, " Transforming ASEAN TPO Websites into Transactions-based Web Services," Jakarta, Indonesia (2007.9.4〜6).
  17. J. Iio, "Help PC Project," Desktop Architects Meeting #4, Mountain View, CA (2007.6.14).
  18. J. Iio, "TouchUpWeb Project," Desktop Architects Meeting #3, Portland, OR (2006.12.7).
  19. D. Baron, J. Iio, E. Meyer, A. Ranganathan, K. Young and I. Yacobs, "Panel Discussion: W3C and the Developer/Designer Community," W3C Advisory Committee Meeting, Odaiba, Tokyo (2006.11.30).
  20. J. Iio, "Activities of Japan OSS Community," FLOSSWorld China Workshop 2006, Beijing, China (2006.10.27).
  21. K. Hiyane and J. Iio, "Open Source and e-Government," CICC Government Junior CIO Workshop, Ogawamachi, Tokyo (2006.8.4).
  22. J. Iio, "Developing 'Asia OSS Course Materials,'" 7th Asia Open Source Software Symposium, Human Resource Development Working Group, Kuara Lumpur, Malaysia (2006.3.6).
  23. K. Hiyane and J. Iio, "OSS Seminar," C7: Open Source Software and Linux Networking Course, CICC Invitational Training, Ogawamachi, Tokyo (2006.2.17).
  24. J. Iio, "Free-Libre-Open Source Software Developers in Japan and Asia," FLOSSWorld China workshop, Beijing, China (2005.12.17).
  25. J. Iio, "Free-Libre-Open Source Software developers in Japan and Asia," ASEAN OSS Training Program 2005, The Center for International Cooperation for Computerization (CICC), Singapore (2005.7.25〜30).
  26. J. Iio, "Skill set and career guidance for OSS engineers / developers / programmers," ASEAN OSS Training Program 2005, The Center for International Cooperation for Computerization (CICC), Singapore (2005.7.25〜30).
  27. J.Iio, "MAlib, The C Language Software Library for Video Image Processing Applications," Piksel04, Bergen, Norway (2004.11.1).

講演・口頭発表(日本語)

  1. 飯尾淳, "プログラミング入門," デジタルスキルを身に着けよう、使ってみよう, 三菱マーケティング研究会, (2021秋). [予定]
  2. 吉野ヒロ子, 西武史, 匹田篤, 飯尾淳, "パネル討論 次に来るコミュニケーション・ツールは何か?〜ネット炎上対策は?新しいデザインと留意点を考える〜," FIT2021イベント企画, オンライン (2021.8.25). [予定]
  3. 飯尾淳, "フラクタルへの誘い," SocioInfo#20, 茨城 波崎 (2021.7.31). [予定]
  4. 井上雅裕, 飯尾淳, "オンライン授業のこれまでと今後の展望-コロナ禍での大学教育の変革-," PMI日本フォーラム2021, オンライン (2021.7.11).
  5. 井上雅裕, 飯尾淳, 小林真也, 除村健俊, パネルディスカッション:Now and future of online classes, PMI日本フォーラム2021, オンライン (2021.7.11).
  6. 飯尾淳, 久米知代, 黒坂肇, "【メンタルヘルスケア】 ~オンライン授業が学生のメンタルに与える影響・課題・支援について," サイオステクノロジー, オンライン (2021.6.22).
  7. 飯尾淳, "Webアプリケーション開発はじめの一歩," OSC2021Nagoya/Online, オンライン (2021.5.29).
  8. 飯尾淳, "AIの世界 ― 人工知能と上手に付き合うには ―," 中央大学オープンカレッジ:クレセント・アカデミー, オンライン (2021.4.17/5.8/6.19).
  9. 飯尾淳, "科学的思考が日本を救う ― データ・サイエンスが拓く未来の社会 ―," 中央大学クレセント・アカデミー 開講記念公開講座, オンライン (2021.4.10).
  10. 飯尾淳, "オンライン授業のコツとLMSの効果的な活用方法," ユニオンスクエア(中央大学教員組合学習会), オンライン, (2021.3.23).
  11. 飯尾淳, "オンライン社会におけるコミュニケーションデザイン ― オンラインのメリットとデメリットをCXの観点から考える," Information eXperience Conference 2021(IXC2021) -コロナ禍におけるCXの取り組み・情報体験について考える- 基調講演, オンライン (2021.3.19).
  12. 飯尾淳, "中央大学iTLにおける「プロジェクトマネジメント」教育の事例紹介," PMIJ教育国際化委員会定例会, オンライン (2021.3.10).
  13. 飯尾淳, "あらゆるイベントがオンライン化して1年,皆の反応は?," OSC2021Online, オンライン (2021.3.6).
  14. 飯尾淳, "ICTと「にこP」の今後の可能性," インターネットを用いた海外の高校との協同授業:実践報告シンポジウム 第1回, オンライン (2021.2.20).
  15. 飯尾淳, "RubyおよびRuby on Railsを用いたデータサイエンス教育," Ruby World Conference 2020, オンライン (2020.12.17).
  16. 若林茂則, 飯尾淳, 櫻井淳二, 石川茂, 木嶋勇一, "インターネットを用いた海外の高校との協同授業 ―準備・実践・評価の実際―," 関東甲信越英語教育学会 第44回オンライン研究大会, オンライン (2020.12.12-13).
  17. 長谷川敦士, 飯尾淳, 他, "HCDと倫理," HCD-Netフォーラム・パラレルセッションS3, オンライン (2020.11.28).
  18. 飯尾淳, "ネットコミュニティの真実 ー 隣は何を話す人ぞ ー," 警視庁サイバーセキュリティ識学者研修, 東京 飯田橋 (2020.11.20).
  19. 飯尾淳, "CXデザインで失敗しない方法 〜CXを高めるTipsと留意点〜," プライベートセミナー, 東京 汐留 (2020.9.24).
  20. 飯尾淳, "オンラインイベント支援システムOLiVESの開発と運用," July Tech Festa 2020, オンライン (2020.7.25).
  21. 飯尾淳, "未来の学びを実現するデザイン ― 学生本位の新学部設計事例から考える," 日本MOT学会 2020年1月度 講演会, 東京 品川 (2020.1.24).
  22. 飯尾淳, "AI時代の必須知識!計量社会科学で数学の楽しさを学ぼう(高校生向け特別講演)," SocioInfo #19, 茨城 波崎 (2019.12.8).
  23. 飯尾淳, "論文の書き方セミナー," HCD-Netフォーラム・パラレルセッションS3, 東京 高輪 (2019.11.30).
  24. 飯尾淳, "AI時代の必須知識!計量社会科学で数学の楽しさを学ぼう," Open Source Conference 2019 Tokyo/Fall, 東京 日野 (2019.11.24)
  25. 飯尾淳, "未来の学びを実現するデザインとは," BMG+UXデザイン研修, 東京 田町 (2019.10.31)
  26. 井上雅裕, 飯尾淳, 沖浦文彦, "産から学への転身に関わる準備の道程 ~受け入れ大学の立場から,挑戦者の立場から~," PMI日本フォーラム2019, 東京 神保町 (2019.7.21).
  27. 飯尾淳, "図書館利用データの利用者層・地域別分析," 八王子市・中央大学共同研究報告会,東京 八王子 (2019.7.6).
  28. 飯尾淳, "IoTで社会はどう変わるのか," 2019年度中央大学学術講演会, 熊本 (2019.6.29).
  29. 飯尾淳, "AIとは何か?AIで社会はどう変わる?, 白門36会講演, 東京 市ヶ谷 (2019.5.31).
  30. 飯尾淳, "HCDを学びたい人!来たれ市ヶ谷へ," HCD広めたい人Meetup vol.4, 東京 用賀 (2019.5.24).
  31. 飯尾淳, "AIの世界 ― 人工知能と上手に付き合うには ―," 中央大学オープンカレッジ:クレセント・アカデミー, 東京 駿河台 (2019.4.13/5.18/6.22).
  32. 飯尾淳, "Twitterでみる社会のトレンド," SocioInfo#18, 茨城 波崎 (2019.3.23).
  33. 飯尾淳, "読書感想文コンクール作品を対象とした計量テキスト分析," 西東京ロータリークラブ定例会, 東京 西八王子 (2019.3.15).
  34. 飯尾淳, "AIとは何か,何ができて社会はどう変わるのか?," 現代的課題講座(埼玉県県民活動総合センター), 埼玉 伊奈 (2019.3.8).
  35. 飯尾淳, "人工知能(AI)があなたの仕事を奪う!? 〜人工知能がもたらす社会と上手に付き合っていくには〜," 中央大学南甲倶楽部 第26回ビジネス交流会, 東京 後楽園, (2019.2.27).
  36. 飯尾淳, "文系学生を対象としたHCD教育とその反応," 利用品質メトリクス談話会, 東京, 高輪 (2019.2.20).
  37. 飯尾淳, "情報学でできること・してよいこと・すべきこと," 中央大学附属高等学校特別授業, 東京 小金井 (2019.1.15).
  38. 飯尾淳, "読書感想文コンクール作品の分析からわかること," 八王子市教育委員会 平成30年度 司書教諭研修(第2回), 東京 八王子 (2018.10.26).
  39. 飯尾淳, "HCDとAI," HCD広めたい人Meetup vol.3, 東京 品川 (2018.10.11).
  40. 飯尾淳, 福地正明, 入江秀晃, 吉岡(小林)徹, "IT技術者に法律の知識はどれだけ必要か?," FIT2018イベント企画, A-4: ITと法,交渉ごと, パネルディスカッション, 福岡 和白東 (2018.9.19).
  41. 飯尾淳, "「深夜特急」の軌跡をたどる," 地図呑み会#6, 東京 新宿 (2018.8.30).
  42. 飯尾淳, "現在のブームは本物か?人工知能を正しく理解する," 埼玉県日高ライブリーカレッジ, 第29回(平成30年度)講座の記録, pp. 7-14, 埼玉 日高 (2018.8.4).
  43. 飯尾淳, "「HCD(Human Centered Design) はじめの一歩」を学ぶ," July Tech Festa 2018(JTF2018), 東京 品川 (2016.7.29).
  44. 飯尾淳, "人工知能の仕組みとは ― 人工知能は人間を超えられるのか? ―," 2018年度中央大学学術講演会, 北海道 旭川 (2018.7.21).
  45. 飯尾淳, "人工知能の仕組みとは ― 人工知能は人間を超えられるのか? ―," 2018年度中央大学学術講演会, 長野 (2018.7.16).
  46. 飯尾淳, "図書館利用実態の可視化および読書感想文コンクール作品の分析," 八王子市・中央大学共同研究報告会, 東京 西八王子 (2018.6.29).
  47. 飯尾淳, "トイレサインとピクトグラム," 第0回ピクトギャザリング, 東京 青山 (2018.5.26).
  48. 飯尾淳, "AI時代に情報システムとどう対峙すべきか," 東京長高金鵄会, 東京 銀座 (2018.5.25).
  49. 飯尾淳, "AIの世界 ― 人工知能と上手に付き合うには ―," 中央大学オープンカレッジ:クレセント・アカデミー, 東京 駿河台 (2018.4.21/5.19/6.23).
  50. 飯尾淳, "OAuth & SNS," Geek Bar #6, 東京 新宿 (2018.4.6).
  51. 飯尾淳, "GISの限界を探る ― 宮崎県の某自治体を例にして," 地図呑み会#2, 東京 新宿 (2018.3.6).
  52. 飯尾淳, "図書館利用状況の可視化について," 第27回中央大学学術シンポジウム「意識調査チーム」, 社会科学研究所, 東京 八王子 (2018.2.26).
  53. 飯尾淳, "オープンデータとオープンソースによる地理情報分析入門," Open Source Conference 2018 Tokyo/Spring, 東京 日野 (2018.2.24).
  54. 飯尾淳, "司書課程の学生に対するHCD教育とその反応," HCD広めたい人Meetup vol.2, 東京 用賀 (2018.2.14).
  55. 飯尾淳, "地図情報整備と活用の勘所," SocioInfo#16, 茨城 鹿島 (2018.2.10).
  56. 飯尾淳, "データは語る:Google Fusion Tablesを使った情報の可視化," 地図呑み会#1, 東京 新宿 (2018.1.29).
  57. 飯尾淳, "消費者の生活を真に豊かにするITとは," ICT利活用促進分科会, 宮崎 (2017.12.9).
  58. 飯尾淳, "プラットフォームビジネスとオープン戦略," HCL Japan CTO Straight Talk 2017, 東京 内幸町 (2017.11.10).
  59. 飯尾淳, "人工知能の仕組みとは ― 人工知能は人間を超えられるのか? ―," 2017年度中央大学学術講演会, 東京 国立 (2017.10.15).
  60. 飯尾淳, "「入力・写真・態度」Omnibusコース," 東条先生出版記念レクチャー, 東京 永田町 (2017.8.30).
  61. 飯尾淳, "グローバルPBL事例紹介 ― 日越合同ワークショップ実施3年の経験を踏まえて," PMI日本フォーラム2017, 東京 神保町 (2017.7.9).
  62. 飯尾淳, "人工知能の仕組みとは ― 人工知能は人間を超えられるのか? ―," 2017年度中央大学学術講演会, 東京 有楽町 (2017.6.17).
  63. 飯尾淳, "OSS関係者(約)100人に聞きました," OSS研究動向セミナー in Open Source Conference 2017 Tokyo/Spring, 東京 日野 (2017.3.10).
  64. 飯尾淳, "HCD入門α版コンテンツ紹介 模擬セミナー," HCD-Net講師拡大WG・HCD入門講座プロトタイピング, 東京 品川 (2017.3.4).
  65. 飯尾淳, "利用者目線のシステム設計とは ~ 市民のための電子行政実現に向けて," T&Mフォーラム, 東京 霞が関 (2017.2.21).
  66. 飯尾淳, "社会科学研究者からみた機械学習," 情報処理学会 ソフトウェアジャパン2017, 東京 神保町 (2017.2.3).
  67. 飯尾淳, "オープンソース考古学の試み 〜情報収集の手引き〜," 第4回オープンソース歴史研究会 in Open Source Conference 2016 Tokyo/Fall, 東京 日野 (2016.11.6).
  68. 飯尾淳, "HCDの教育をHCDで考えた話," July Tech Festa 2016(JTF2016), 東京 品川 (2016.7.24).
  69. 飯尾淳, "その情報は,ウソ?ホント?," 中央大学文学部特別公開講座, 東京 八王子 (2016.7.16).
  70. 斉藤学, 飯尾淳, 上西啓介, 加藤鴻介, 貝増匡俊, "パネルディスカッション:PM教育の必要性とその導入について," PMI日本フォーラム2016, 東京 神保町 (2016.7.10).
  71. 飯尾淳, "微妙な立場のコミュニティ活動," OSCサミット@沖縄 in Open Source Conference 2016 Okinawa, 沖縄 宜野湾 (2016.7.1).
  72. 飯尾淳, "人間中心設計の考え方," ユーザ中心設計ワークショップ, 東京 阿佐ヶ谷 (2016.3.24).
  73. 飯尾淳, "情報を効果的に活用する方法【情報発信編】," schoo WEB-campus, オンライン講義 (2016.3.18).
  74. 飯尾淳, "情報を効果的に活用する方法【情報収集・分析編】," schoo WEB-campus, オンライン講義 (2016.3.11).
  75. 飯尾淳, "FLOSS Storiesプロジェクトについて," 第2回:オープンソース歴史研究会 ── ビジネスの黎明, 東京 日野 (2016.2.27).
  76. 飯尾淳, "高校教科「情報」の教科書が抱える問題点とOSS利用の可能性," OSS研究動向セミナー in Open Source Conference 2016 Tokyo/Spring, 東京 日野 (2016.2.26).
  77. 飯尾淳, "身近なデータの解析方法," SocioInfo 第10回, 茨城 つくば (2016.2.20).
  78. 飯尾淳, "学習意欲および知識レベルを考慮した教育手法選択の重要性," 専門職大学院における高度人材育成のための教育手法に関するワークショップ, 東京 品川 (2016.1.29).
  79. 飯尾淳, "高校教科「情報」におけるLibreOfficeの適用可能性検討," LibreOffice Mini-conference 2016 Japan, 大阪 梅田 (2016.1.9).
  80. 飯尾淳, "地理情報システム(GIS)とプライバシー," 宮大SUIT勉強会, 宮崎 (2016.1.7).
  81. 飯尾淳, "FLOSS Storiesプロジェクトのご紹介と情報提供のお願い," オープンソースフォーラム2015 〜オープンソースソフトウエアの過去・現在・未来〜, 東京 日本橋 (2015.12.26).
  82. 飯尾淳, "ODPG活動報告:教育チーム," 2015年度ODPG第2回定例会, 大阪 梅田 (2015.12.18).
  83. 飯尾淳, "OpenSym2015参加報告," 第1回:オープンソース歴史研究会──ビジネスとコミュニティの視点から, 東京 日本橋 (2015.11.27).
  84. 飯尾淳, "日本におけるOSSの(黒?)歴史," 第99回オープンソースサロン しまねOSS協議会, 島根 松江 (2015.11.20).
  85. 飯尾淳, "高校の教科「情報」,OSSでもダイジョウブ?調査の報告," OSSオフィスソフト・フェスタ, 2014年度技術WG活動報告, ODPG, 東京 赤坂見附 (2015.7.17).
  86. 谷本收, 飯尾淳, 他, "オフィスソフトの未来を考える2015," OSSオフィスソフト・フェスタ, パネルディスカッション, ODPG, 東京 赤坂見附 (2015.7.17).
  87. 飯尾淳, "ビッグデータと個人情報保護 ―データ解析から明らかにされること―," 2015年度中央大学学術講演会, 岐阜 (2015.6.13).
  88. 飯尾淳, "ISAD(G)に基づく資料整理システムのOSS実装," OSS研究動向セミナー in Open Source Conference 2015 Tokyo/Spring, 東京 日野 (2015.2.27).
  89. 飯尾淳, "文系ITエンジニア育成教育におけるRubyの活用," Ruby Business Users Conference 2015, 東京 品川 (2015.2.25).
  90. 飯尾淳, "NUIプログラミング概論・演習," 先導的ITセミナー(第36回), 宮大SUIT勉強会, 宮崎 (2015.1.10).
  91. 飯尾淳, "SF映画からみた近未来移動手段におけるUI," JEITA HID専門委員会, 東京 赤坂 (2014.11.21).
  92. 飯尾淳, "ビッグデータと個人情報保護 ―データ解析から明らかにされること―," 2014年度中央大学学術講演会, 東京 国立 (2014.10.19).
  93. 飯尾淳, "ODPG活動報告:できるシリーズ検証," OSS研究動向セミナー in Open Source Conference 2014 Kansai, 京都 丹波口 (2014.8.2).
  94. 飯尾淳, "文科系教育におけるIT人材育成," PMI日本フォーラム2014, 東京 神保町(2014.7.13).
  95. 飯尾淳, "書類作成環境のあるべき論とは," OSSオフィスソフト・フェスタ, ODPG, 東京 赤坂見附 (2014.4.9).
  96. 谷本收, 飯尾淳, 他, "オフィスソフトの未来を考える," OSSオフィスソフト・フェスタ, パネルディスカッション, ODPG, 東京 赤坂見附 (2014.4.9).
  97. 飯尾淳, "FLOSS Stories Project in Japan," OSS研究動向セミナー in Open Source Conference 2014 Tokyo/Spring, 東京 日野 (2014.3.1).
  98. 飯尾淳, "情報システムに対するUXの考え方," 第82回オープンソースサロン しまねOSS協議会, 島根 松江 (2014.2.7).
  99. 飯尾淳, "情報システム・ユーザビリティの評価改善手法," UI/UXセミナー「ユーザー満足度を高める画面デザイン」, 島根 松江 (2014.2.7).
  100. 飯尾淳, "いまのうちに身につけておこう,この技術・手法," 先導的ITセミナー(第29回), とっても元気!宮大チャレンジ・プログラム 学生主催プログラミング勉強会, 宮崎 (2014.1.10).
  101. 飯尾淳, "ODPGの挑戦,企業ユーザ会の活動を通じてユーザコミュニティの在り方を探る," 第79回オープンソースサロン しまねOSS協議会, 島根 松江 (2013.10.11).
  102. 飯尾淳, "ビッグデータの時代:私たちの行動は監視されている?," 中央大学文学部特別公開講座, 東京 八王子 (2013.7.13).
  103. 飯尾淳, "互換製品と侮るなかれ!OSSオフィスソフトウェア普及振興の試み," JUS研究会沖縄大会, 沖縄 那覇 (2013.7.6).
  104. 飯尾淳, "デスクトップ新時代到来、OSSオフィスソフトの最新動向," アシストフォーラム2013 in 東京, 東京 市ヶ谷 (2013.7.3).
  105. 飯尾淳, "新人プロジェクトリーダーが抑えるべき勘所," schoo WEB-campus, オンライン講義 (2013.4.30).
  106. 飯尾淳, "テキストデータ分析の基礎 - OSSによるテキストマイニング -," SocioInfo 第3回, 茨城 つくば (2013.3.9).
  107. 飯尾淳, "世界的なOSS研究の最新動向について(OSS2012報告)," Open Source Conference 2013 Tokyo/Spring, 東京 日野 (2013.2.23).
  108. 飯尾淳, "ODPGのインパクト: 涓滴岩を穿つ? - 成果発表報告とフィードバック、ODPGへの期待など - ," 2012年度ODPG第2回定例会, 大阪 梅田 (2012.12.20).
  109. 飯尾淳, "The Road to NUI ... Natural User Interfaceへの道," 日本OSS推進フォーラム クライアント部会 デスクトップ環境タスクフォース ミニ勉強会, 東京 永田町 (2012.11.9).
  110. 飯尾淳, "世界的なOSS研究の最新動向について(OSS2012報告)- インダストリの目線から -," Open Source Conference 2012 Hiroshima, 広島 中野 (2012.10.20).
  111. 飯尾淳, "消費者が生成するデータの解析," SocioInfo 第1回, 茨城 つくば (2012.7.13).
  112. 飯尾淳, "消費者が生み出す情報の分析 - 行動情報からCGMの解析まで," AIITマンスリー・フォーラム 第40回 InfoTalk (情報の解析), 東京 東大井 (2012.3.16).
  113. 大場充, 脇谷直子, 内橋勤, 飯尾淳, "実践的ITモデルマッチングプロセス実証報告「プロジェクトマネジメント講座」," 実践的IT教育モデル拡大実証計画事業成果報告会(大阪会場), 大阪 新大阪 (2012.3.9).
  114. 飯尾淳, "ログにみる消費者の行動傾向," 先導的ITセミナー(第18回), 宮崎 (2012.2.17).
  115. 飯尾淳, "地方企業が求めるICTへの期待," プライベートセミナー, 大阪 梅田 (2012.2.9).
  116. 飯尾淳, "ODPGプロモーション活動 - プロモーションチーム活動報告 - ," 2011年度ODPG第2回定例会, 愛知 名古屋 (2011.12.13).
  117. 飯尾淳, "アジアオープンソースソフトウェア・シンポジューム報告," SEA & FSIJ 合同フォーラム ~アジアにおけるオープンソース~, 東京 新富町 (2011.11.17).
  118. 飯尾淳, "ユーザビリティ評価手法UxDuxのご紹介," 業務システムのユーザビリティ向上セミナー, 東京 永田町 (2011.8.26).
  119. 飯尾淳, "生活情報を活用した次世代情報ビジネス," EV普及による環境変化に対応したSSの次世代化に関する研究会ワークショップ, 東京 霞ヶ関 (2010.12.6).
  120. 飯尾淳, "OSSを活用した実践的情報技術教育の実施と評価," Open Source Conference 2010 Shimane, 島根 松江 (2010.11.27).
  121. 飯尾淳, "「高度IT教育に有効なOSS」は本当か? 経験に学ぶその効果," Japan Linux Conference 2010, 東京 飯田橋 (2010.11.12).
  122. 飯尾淳, "デジタルミュージアムをめぐるエコシステム," FIT2010イベント企画, A-2: サイバーワールドとリアルワールドとの接点 -社会に“入り込む”デジタルメディアの展開-, 福岡 伊都 (2010.9.7).
  123. 飯尾淳, "地域大学におけるIT基礎教育のOSS活用による強化," 「OSSモデルカリキュラム導入実証事業」成果報告会, 東京 千石 (2010.8.6).
  124. 飯尾淳, "オープンソース・ソフトウェアの効果的な活用方法," ITC茨城研修会, 茨城 土浦 (2010.2.13).
  125. 飯尾淳, "C言語プログラミングとオープンソース・ソフトウェア," 宮崎大学「情報工学演習II」特別講演, 宮崎 (2010.1.29).
  126. 飯尾淳, "「互換性の高いWebコンテンツ作成を支援するツール」のご紹介," Open Source Conference 2009 Tokyo/Fall, 東京 蒲田 (2009.10.30).
  127. 飯尾淳, "非機能要件として注目が集まるユーザビリティの重要性 - 顧客要件獲得に関する一手段としてのユーザビリティ評価 -," MSS基盤技術共有セミナー, 東京 浜松町 (2009.7.23).
  128. 飯尾淳, "電子申請システムにおける使用性の向上," 平成21年度電子申請利用促進科, 東京 西国分寺 (2009.6.4).
  129. 飯尾淳, "星の数ほど存在するOSSから、いかにして有効なソフトウェアを見つけ出すか," オープンイノベーション促進セミナー, 沖縄 那覇 (2009.2.27).
  130. 飯尾淳, "エンドユーザが満足できる使いやすいシステムとは? - ユーザビリティの重要性と評価改善手法について - ," MDIS技術発表会(招待講演), 神奈川 鎌倉 (2008.12.3).
  131. 飯尾淳, "オープンソースソフトウェアの動向 - オープンソースが加速するIT社会インフラの拡大 - ," 第8回県内IT産業促進のための推進策検討会(OSSセンター設立協議会), 沖縄 那覇 (2008.11.19).
  132. 飯尾淳, "オープン標準の実現に向けた取り組み事例のご紹介," IPAX2008, 東京 後楽園 (2008.5.27).
  133. 飯尾淳, "オープンソース・ソフトウェアの活用," 先導的ITセミナー(第1回), 宮崎 (2008.3.6).
  134. 飯尾淳, "TouchUpWebシステムの開発とウェブコンテンツ非互換状況調査のご紹介," IPAX2007, 東京 後楽園 (2007.6.29).
  135. 飯尾淳, "OSSデスクトップの明日はどっちだ!?," LinuxWorld Conference & Expo/Tokyo 2007, Open Up OSS!, 東京 有明 (2007.5.31).
  136. 飯尾淳, "OSSデスクトップ利用推進を阻む課題とは," LinuxWorld Conference & Expo/Tokyo 2007, 東京 有明 (2007.5.31).
  137. 三浦広志, 森蔭政幸, 飯尾淳, "「OSSデスクトップ普及に資するWebコンテンツ互換性向上に関する調査」成果紹介," 独立行政法人情報処理推進機構, 2006年度「自治体におけるオープンソースソフトウェア活用に向けての導入実証」第2回対象自治体・実施企業連絡会議, 東京 千石 (2007.4.25).
  138. 飯尾淳, "TouchUpWeb プロジェクトの紹介," Mozilla Party JP 8.0, 東京 新宿 (2007.4.21).
  139. 飯尾淳, "Webの相互運用性とTouchUpWebプロジェクト," JLA 11月セミナー, 福岡 百道 (2006.11.24).
  140. 飯尾淳, "初等中等教育におけるOSS利用の現状と課題," 情報化月間記念式典特別行事「OSSの活用実態と今後」, 東京 六本木 (2006.10.2).
  141. 飯尾淳, "初等中等教育における教育利用の現状," FIT2006 パネルディスカッション「オープンソースソフトウェアの教育活用」, 福岡 七隈 (2006.9.5).
  142. 飯尾淳, "OSSを利用した高度情報処理技術者教育について," Open Source Conference 2005 Okinawa, 沖縄 那覇 2005.11.19).
  143. 飯尾淳, "OSSデスクトップ学校での実証実験の報告," 関西オープンソース2005, 大阪 本町 (2005.10.28).
  144. 飯尾淳, "2004年度 『学校教育現場におけるオープンソースソフトウェア活用に向けての実証実験』の成果と今後の展開," パネルディスカッション「学校へのLinuxPC導入実証実験」, Open Source Conference 2005 Tokyo/Fall (OSC2005), 東京 大久保 (2005.9.17).
  145. 飯尾淳, "Linuxによる動画像処理アプリケーション開発," 株式会社日本テクノセンター, 東京 市ヶ谷 (2004.11.24〜25).
  146. 飯尾淳, "Linuxによる画像処理プログラミングの基礎," 株式会社トリケップス, 東京 小川町 (2004.4.26〜27).
  147. 飯尾淳, "[オープンソース・ソフトウェア] 利用・開発の留意点と効果的活用法," 株式会社ソフト・リサーチ・センター, 東京 小川町 (2004.4.8).
  148. 飯尾淳, "デジタル動画像処理アプリケーション開発," 株式会社日本テクノセンター, 東京 市ヶ谷 (2004.1.13〜14).
  149. 飯尾淳, "アジアオープンソースソフトウェア・シンポジウム報告," SEA & FSIJ 合同フォーラム 〜アジアにおけるオープンソース〜, 東京 千駄ヶ谷 (2003.11.17).
  150. 飯尾淳, "MAlib応用システムの紹介," IPA Spring 2003, 出展者プレゼンテーション, 東京 有明 (2003.5.20).
  151. 飯尾淳, "動画像処理ソフトウェアライブラリMAlibの実装と応用," ITX2002 Summer セミナー, 東京 青山 (2002.6.28).
  152. 飯尾淳, "組み込み用Linux向け動画像処理基盤ソフトの開発," LinuxWorld Expo/Tokyo 2002, .org Pavillion, 東京 有明 (2002.5.29〜31).
  153. 飯尾淳, 他, "オープンソース・セミナー," 株式会社情報技術コンソーシアム, 東京 木場 (2001.8).

特許

  1. 飯尾淳, 甲斐光彦, 浅田省吾, "通信システム及び通信方法," 特開2019-164645
  2. 新井健生, 井上健司, 飯尾淳, "情報入力システム," 特開2008-204196
  3. 谷口倫一郎, 飯尾淳, "三次元画像表示装置及び表示方法," 特開2004-030408

教育(担当中・予定)

  1. 中央大学, AIデータサイエンス演習A・B・C, (2022年度 - ).[予定]
  2. 中央大学, 国際情報演習IV・V, (2022年度 - ).[予定]
  3. 中央大学, 国際情報演習II・III, (2021年度 - ).
  4. 中央大学, AIデータサイエンスツールII(スクリプト言語:Ruby & Ruby on Rails), (2021年度 後期 - ).
  5. 中央大学, プロジェクトマネジメント, (2021年度 後期 - ).
  6. 東京大学, 情報, (2020年度 前期 - ).
  7. 中央大学, 国際情報演習I, (2020年度 後期 - ).
  8. 中央大学, 情報フルエンシー, (2019年度 後期, 2020年度 前期 - ).
  9. 中央大学, プログラミングのための数学, (2019年度 前期 - ).
  10. 中央大学, プログラミング基礎, (2019年度 前期, 2020年度 後期 - ).
  11. 中央大学, 国際情報基礎演習, (2019年度 前期 - ).
  12. 中央大学, 国際情報史, (2019年度 後期 - ).

教育(終了)

  1. 中央大学, 社会情報学基礎演習(1)B, (2019年度 後期 - 2020年度 後期).
  2. 麗澤大学, AIビジネス, (2019年度 前期).
  3. 中央大学, グローバル・スタディーズ(1)(2)(3)(4) (2014年度 - 2018年度,前期集中).
  4. 中央大学, 大学生の基礎 (2014年度 後期).
  5. 中央大学 大学院, 情報システム学特殊研究A・B, (2014年度 - 2020年度).
  6. 中央大学 大学院, 社会情報学特講VI/情報システム学特講A・B, (2013年度 - 2020年度).
  7. 中央大学 大学院, 社会情報学演習VI/情報システム学演習A・B, (2013年度 - 2020年度).
  8. 中央大学, ネットワーク技術(1), (2013年度 前期 - 2018年度 前期).
  9. 中央大学, ネットワーク技術(2), (2013年度 後期 - 2018年度 後期).
  10. 中央大学, 情報システム設計, (2013年度 前期 - 2018年度 前期, 2020年度 前期).
  11. 中央大学, 情報システム開発, (2013年度 後期 - 2018年度 後期, 2020年度 後期).
  12. 中央大学, 図書館情報技術論/図書館情報学概論(後期), (2013年度 後期 - 2019年度 後期).
  13. 中央大学, 人工知能・自然言語処理, (2013年度 後期 - 2018年度 後期).
  14. 中央大学, 社会情報学演習(4)(9), (2013年度 - 2019年度).
  15. 中央大学, 社会情報学基礎演習(1)A, (2013年度 前期 - 2020年度 後期).
  16. 中央大学, 社会情報学基礎演習(2)B, (2013年度 後期 - 2015年度 後期, 2018年度 後期).
  17. 拓殖大学, オープンソースソフトウェア, (2012年度 前期 - 2016年度 前期).
  18. 東京農工大学 大学院, 先端ものづくりITエンジニア育成プログラム, オープンソースソフトウェア実践特論(情報工学特別講義I), (2010年度 後期 - 2017年度 後期).
  19. 東京農工大学 大学院, 先端ものづくりITエンジニア育成プログラム, プログラム開発実践特論[オープンソース実践特論](電子情報工学講座特別講義II), (2009年度 後期).
  20. 東京農工大学 大学院, 先端ものづくりITエンジニア育成プログラム, Webコンピューティング実践特論(知能情報工学講座特別講義I), (2009年度 後期, 2010年度 前期 - 2014年度 前期, 2018年度 - 2020年度 後期).

教育(部分担当)

  1. 島根大学, 情報と地域, "日本におけるオープンソースの歴史," (2015.11.20).
  2. 広島市立大学/広島修道大学, 企業活動とプロジェクトマネジメント/プロジェクトマネジメント論, "ITプロジェクトの事例研究," (2013.6.14, 2014.6.6).
  3. 広島市立大学/広島修道大学, 企業活動とプロジェクトマネジメント/プロジェクトマネジメント論, "プロジェクトの成果物と品質の管理," (2013.6.7, 2014.5.30, 2015.5.29, 2016.6.3, 2017.5.12, 2018.5.11, 2019.5.10, 2020.5.22).
  4. 広島市立大学/広島修道大学, 企業活動とプロジェクトマネジメント/プロジェクトマネジメント論, "プロジェクトの全体像と実施組織," (2014.4.25, 2015.5.24, 2016.4.22).
  5. 広島市立大学/広島修道大学, 企業活動とプロジェクトマネジメント/プロジェクトマネジメント論, "期末演習の課題と討議," (2013.1.11).
  6. 広島市立大学, 企業活動とプロジェクトマネジメント, "ITプロジェクトの事例研究," (2012.11.2).
  7. 広島市立大学, 企業活動とプロジェクトマネジメント, "プロジェクトマネジメントの必要性と歴史," (2012.9.24).
  8. 早稲田大学, 現代社会論, "情報通信社会を考える," (2010.6.24, 2011.5.19, 2012.6.14).
  9. 宮崎大学, 情報工学特論(ネットワーク・セキュリティ), "モバイル環境のセキュリティ," (2009.8.22).
  10. 島根大学, 総合科目「開発フレームワーク」"Webアプリケーション概論", (2009.12.23,24, 2011.10.21, 2013.10.11, 2014.10.3).
  11. 島根大学, 情報と地域 - オープンソースと地域振興, "アジア地域におけるOSS事情," (2009.6.19).
  12. はこだて未来大学 大学院, オープン技術特論, "オープンソースソフトウェア," (2009.11.12, 2010.10.7, 2011.10.20, 2012.11.22).
  13. はこだて未来大学 大学院, 実戦的IT人材育成講座, "オープンソースソフトウェア," (2007.12.13, 2008.12.11).
  14. 琉球大学, 情報工学演習, "OSSの概念," (2010.12.10).
  15. 琉球大学, 情報工学実践IV, "OSSの活用方法," (2007.1.24, 2009.11.30).
  16. 琉球大学, 情報工学実践IV, "OSSの概念," (2006.10.25, 2007.10.19).

研究費等

  1. 中央大学研究クラスター形成支援, 情報工学と応用言語学の学際的研究に基づく英語学習者のインタラクティブ・コミュニケーション能力の解明と手法の確立, (2021.7 - 2022.6).
  2. 中央大学特定課題研究費, Webアプリケーション開発を題材に用いたIT教育に関する研究, (2021.4 - 2023.3).
  3. 受託研究, 印刷物とWeb(PC・スマホ)の閲読、記入・入力に関する効率とエラーの研究, (2020.9 - 2022.4).
  4. 中央大学社会科学研究所, 情報化社会の成長と発展, (2017.4 - 2021.3).
  5. 中央大学特定課題研究費, 映像資料管理システムの開発と評価, (2017.4 - 2019.3).
  6. 受託研究, 出席管理の効率化と学生の講義への参加意欲向上の研究, (2016.2 - 2016.12).
  7. 受託研究, 需給マッチングシステムにおけるユーザビリティ評価, (2015.7 - 2015.10).
  8. 中央大学社会科学研究所, 情報化社会その成長の記録, (2014.4 - 2017.3).
  9. 中央大学特定課題研究費, 高度情報化社会の発展に関する記録の研究, (2014.4 - 2016.3).

共同研究等

  1. 中央大学共同研究プロジェクト, 「COVID-19と共に生きる社会」における個人情報保護と公益性に関する文理融合学際研究, 研究分担者, (2021.4 - 2023.3).
  2. 八王子市図書館部, 読書感想文および図書館利用実態に関する研究, 研究分担者, (2018.7 - current).
  3. 八王子市図書館部, 読書感想文および図書館利用実態に関する研究, 研究代表者, (2017.7 - 2018.6).

委員会活動・外部組織役員

  1. 一般社団法人 電子情報通信学会 サイバーワールド時限研究専門委員会 専門委員長, (2021.6 - 現在).
  2. 特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構 論文誌編集委員会 委員長, (2021.5 - 現在).
  3. 一般社団法人 ことばのまなび工房 理事, (2020.10 - 現在).
  4. 特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構 HCDアワード表彰 審査委員, (2020.9 - 2020.11).
  5. 特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構 理事, (2019.6 - 現在).
  6. 独立行政法人 情報処理推進機構 IT人材育成センター 情報処理技術者試験委員会・情報処理安全確保支援士試験委員会 委員, (2019.5 - 現在).
  7. 一般社団法人 社会情報学会 社会情報学会2019年度学会大会実行委員会 委員長, (2019.4 - 2019.9).
  8. 特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構 論文誌編集委員会 委員, (2018.1 - 2021.5).
  9. 公益社団法人 私立大学情報教育協会 サイバーFD研究員, (2017.5 - 現在).
  10. 一般社団法人 PMI日本支部 教育国際化委員会 委員, (2017.1 - 現在).
  11. 一般社団法人 PMI日本支部 教育国際化委員会準備会 委員, (2016.9 - 2016.12).
  12. 特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構 HCD-Netフォーラム実行委員会 委員, (2016.1 - 2019.12).
  13. 沖縄県 クラウドオープンネットワーク国際研究開発拠点形成事業 事業推進委員会 委員, (2015.3).
  14. 特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構 HCD-Net10周年記念フォーラム実行委員会 委員, (2014.12 - 2015.6).
  15. 産業技術大学院大学「次世代成長産業分野での事業開発・事業改革のための高度人材養成プログラム」プログラム開発委員会 委員, (2014.12 - 2017.3).
  16. 特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構 HCDアワード表彰委員会 委員, (2014.6 - 2020.11).
  17. 特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構 評議委員, (2013.7 - 2019.5).
  18. 一般社団法人 電子情報通信学会 サイバーワールド時限研究専門委員会 専門委員, (2012.8 - 2021.6).
  19. 独立行政法人 情報処理推進機構 産学連携推進センター 産学連携講座連絡会 遠隔教育WG 委員, (2012.5 - 2013.3).
  20. 特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構 認定人間中心設計専門家 認定審査 審査員, (2011年度 - 2016年度, 2018年度).
  21. 独立行政法人 情報処理推進機構 産学連携推進センター 産学連携マッチング企画部会 類型1WG 委員, (2011.9 - 2012.3).
  22. 日本OSS推進フォーラム クライアント部会 委員, (2011.4 - 2013.3).
  23. 日本OSS推進フォーラム プラットフォーム部会 デスクトップ普及戦略検討タスクフォース 主査, (2008.4 - 2010.3).
  24. 日本OSS推進フォーラム デスクトップ部会 課題抽出タスクフォース 主査, (2006.4 - 2008.3).
  25. 財団法人 国際情報化協力センター 北東アジアOSS標準化小委員会 委員, (2007.6 - 2009.3).
  26. 財団法人 国際情報化協力センター Webの互換性調査SWG 委員, (2006.9 - 2008.3).
  27. North-east Asia OSS promotion forum, WG3 / SWG2 member, (2006.9 - 2009.10).
  28. 特定非営利活動法人 ITSSユーザ協会 スキル定義委員会 委員, (2005.12 - 2007.3).
  29. 一般社団法人 情報処理学会 会誌編集委員会(HWG) 委員, (2002.4 - 2006.3).

委員会活動(PC関係)

  1. 14th Human Choice and Computers Conference (HCC14), PC member (2020.1 - 2020.9).
  2. 12th International KES Conference, Intelligent Decision Technologies 2020 (KES-IDT-20), PC member (2020.1 - 2020.6).
  3. The International Conference on Theory and Practice of Electronic Governance (ICEGOV), PC member (2019.10 - current).
  4. The International Conference on P2P, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing (3PGCIC), Session PC member (14th -, 2019.7 - current).
  5. The International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA), TPC member (33rd -, 2018.10 - current).
  6. The International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS), Session PC member, (17th -, 2014.1 - current).
  7. The International Workshop on Web Services and Social Media (WSSM), PC member (1st -, 2012.1 - current).
  8. The International Conference on Software Engineering Advances (ICSEA), TPC member (7th - 12th, 2012.4 - current).

受賞

  1. The Thirteenth International Conference on Advances in Computer-Human Interactions, ACHI 2020, Best Paper Award, (2020.11).
  2. 一般社団法人 社会情報学会 2019年度 学会功労賞, (2019.9).
  3. 特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構 2016年度 学術奨励賞, (2018.11).
  4. 一般社団法人 情報処理学会 2011年度 優秀教材賞, (2012.3).
  5. マルチメディア、分散、協調とモバイル (DICOMO2011) シンポジウム 優秀論文賞, (2011.8).
  6. マルチメディア、分散、協調とモバイル (DICOMO2011) シンポジウム 最優秀プレゼンテーション賞, (2011.7).
  7. マルチメディア、分散、協調とモバイル (DICOMO2010) シンポジウム 優秀論文賞, (2010.8).
  8. ヒューマンインタフェース学会 第9回論文賞, (2009.3).
  9. Linux Conference Award, (2004.6).

学協会

  1. 電子情報通信学会 会員
  2. 情報処理学会 会員
    • シニア会員 (2020 - 現在)
  3. ヒューマンインタフェース学会 会員
  4. 人間中心設計推進機構 会員
  5. OpenForum Academy Fellow
  6. 社会情報学会 会員
  7. 記録管理学会 会員
  8. 英語教育学会 会員(関東甲信越英語教育学会 会員)

資格等

  1. 特定非営利活動法人人間中心設計推進機構 認定 人間中心設計専門家, (2011.4.1).
  2. 博士(工学)(大阪大学), (2008.9.25).
  3. 技術士(情報工学部門), (2002.4.4).
  4. 情報処理技術者(ネットワークスペシャリスト), (1995.4.1).
  5. 無線従事者免許(第四級アマチュア無線技士), (1992.7.31).
  6. 普通自動車免許, (1988.10.4).
  7. 普通自動二輪車免許, (1988.6.20).

その他

  1. 飯尾淳, "コミュニケーションの大切さを学ぶ," 国際情報学部だより, 「草のみどり」2021年3月号(第324号), p. 25, (2021.3).
  2. 飯尾淳, "書を捨てよ,世界へ出よう," サイボウズ式, tech book hack (2), (2018.6.29).
  3. 飯尾淳, "おじさんに(も)愛を," TechGirl Vol. 6 〜みんな味方だ〜, 東京 六本木, (2017.9.14).
  4. 飯尾淳, "文系学生向けのPM教育・実践教育," PMIJ ホーム >> トピックス >> アカデミック >> 事例, (2016.12).
  5. Navigator 11,社会情報学,飯尾淳 教授, 教員の研究紹介~ようこそ"文"の世界へ~, (2015.1).
  6. "中央大学文学部から海外へ!「グローバル・スタディーズ」の紹介,"HACKUMON Chuo, No. 239, pp. 20-21, (2014.12).
  7. "スナックさいばら おんなのけものみち 七転び八転び篇──techな人にお勧めする「意外」な一冊(2)," tech@サイボウズ式 アドベントカレンダー企画, (2013.12.3).
  8. 飯尾淳 監修, "第92回 オープンソース・ソフトウェアを使おう," 中央大学 教養番組「知の回廊」, JCN系列放映, (2013.10.1 - 2013.10.31, 2014.4.1 - 2014.4.30).
  9. schoo WEB-campus編, "世の中に新しい価値をつくる教室," ディスカヴァー・トゥエンティワン (2013.8).
  10. 井上健語, "日本のもの作り神話は崩壊したのか【対談:東京農工大 中川正樹教授x三菱総研 飯尾 淳氏】プロジェクト管理から見る「日本品質」への警鐘," ソフトバンクビジネス+IT, システム開発/総論, (2010.8.6).
  11. 垣内郁栄, 荒井亜子, "ソフトウェアが社会を変える 本当は楽しいIT業界——“重鎮”を超えて," アットマーク・アイティ, テクノロジー /NewsInsight, (2007.12.26).
  12. "研究員群像: 飯尾 淳 新しい技術開発への挑戦 【世の中の社会的意義を見据える】," 三菱総研倶楽部, Vol. 4, No. 9, pp. 20-21 (2007.9).
  13. "三菱総研グループが小・中で実証実験,", 教育家庭新聞, 教育マルチメディア 2004年12月4日号, (2004.12).
  14. 飯尾淳, 谷田部智之, 比屋根一雄, "組み込み用Linux向け動画像処理基盤ソフトウェア「MAlib」," IPA 2000年度 未踏開発成果(未踏iPedia:開発成果情報:2000年度未踏開発成果), (2001.3).
  15. 飯尾淳, "組み込み用Linux向け動画像処理基盤ソフトの開発," 情報処理振興事業協会 平成12年度未踏ソフトウェア創造事業 採択(高田広章PM)(2000.9).